ゆうちょ銀行のATMで、VISAプリペイドカードのチャージが可能に

 ゆうちょ銀行は、ソフトバンク・ペイメント・サービスとクレディセゾンと提携して、ゆうちょ銀行のATMにおいて、VISAプリペイドカードのチャージが可能になることを発表しました。

 今回の提携により、全国にあるゆうちょ銀行のATMにおいて、チャージ(入金)や残高照会が利用できるようになります。利用可能時間は、毎日0:05から23:55までとなっております。

 スケジュールとしましては、ソフトバンク・ペイメント・サービスが発行する「ソフトバンクカード」(Tポイントのロゴがあるもの)は、平成30年4月11日の0:05から利用できます。

 またクレディセゾンが発行する「ココカラクラブカード」「パルコプリカ」については、平成30年4月19日の0:05から利用が開始されます。

 チャージ方法は、ゆうちょ銀行のATM操作時の最初の画面上にある「クレジットカード・プリペイドカード・簡易保険・生命保険」を選択、次の画面で「プリペイドカード」を選択し、「チャージ」を選択、VISAプリペイドカードの暗証番号を入力しチャージ金額を入力し、紙幣を入れて完了となります。




 ただいずれのVISAプリペイドカードも暗証番号の登録がないカードについては利用が不可能となっており、特に「ココカラクラブカード」については、平成29年9月以前に発行されたカード(平成34年3月以前の有効期限)については、ゆうちょ銀行のATMでは、VISAプリペイドカードのチャージ・残高照会は現在のところ不可能ですのでご注意ください。

 国内で最も多く設置されているゆうちょ銀行のATMで、VISAプリペイドカードがチャージできるというのは大変便利なことで、今後、他のプリペイドカードについてもゆうちょ銀行と提携してくれると有難いと思います。

阪急電鉄・阪神電鉄・能勢電鉄・北大阪急行、平成31年春よりICOCA発売へ

  阪急阪神ホールディングス傘下の阪急電鉄、阪神電鉄、能勢電鉄、北大阪急行(4社)は、平成31年春よりIC乗車券「ICOCA」を発売します。

 今回の4社のICOCA発売の経緯としては、スルッとKANSAI協議会とJR西日本が先日、合意した「ICカード乗車券を活用した連携サービス」によるものです。

 さて発売するICOCAの券種は大人・小児となっております。またICOCA定期券も発売され、通勤定期券・通学定期券(大人・小児)とも1か月、3か月、6か月となります。(連絡定期券の発売も予定されております。)

 これにより、平成29年4月より発売されている磁気プリペイドカード「阪急 阪神 能勢 北急レールウェイカード」(以下、レールウェイカード)の発売は、平成31年春に終了となります。

 レールウェイカードは、平成31年秋に自動改札機での利用を終了、払戻を開始する予定としております。
posted by jiji-news-yara news-japan.net at 23:55Comment(0)鉄道関連

ピーチ・アビエーションとマネーパートナーズ、平成30年6月ころよりMasterCardプリペイドカードのサービスを開始へ

 LCCのピーチ・アビエーションとマネーパートナーズは提携して、平成30年6月ころよりMasterCardプリペイドカード「Peach Manepa Card」のサービスを開始する予定であることを発表しました。

 Peach Manepa Cardは与信審査はなく、カードショッピング保険が付帯しており、発行手数料・年会費は無料となっております。

 中学生を除く満15歳以上、満75歳未満であれば基本的には誰でも持つことができます

 繰り返し利用できるプリペイドカードですので、あらかじめ入金(チャージ)した額を限度額として利用することができます

 入金方法についてはアナウンスされておりませんが、現在発行されているマネパカードと同様に、銀行からの日本円での振込とマネーパートナーズのFX口座にある日本円と外貨からの振替に対応するものと考えられます。

 現在発行されているマネパカードでは、インターネット上で両替することにより、銀行等で両替するよりも手数料を抑えられ、対応する日本円・米ドル・ユーロ・英ポンド・豪ドル・香港ドルの6つの通貨にチャージすることにより、国内外にあるMasterCardの加盟店での決済や同ブランドに対応したATMで出金できますので、Peach Manepa Cardもこれと同様のものとなると考えられます。

 またPeach Manepa Cardは、クレジットカード「Peach Card」会員向けに実施している、会員限定航空券セールに参加可能であるのが最大の特徴です。




 当カードはマルチカレンシーカードであることから、外国為替絡みの手数料が抑えられることから、海外へ旅行される方にとっては、使い勝手が良いように思います。

 今後、Peach Manepa Cardの入会の詳細について、大きく変更があるようでしたら、随時、本記事の内容の変更をいたします。