三越伊勢丹ホールディングス、Tポイントの利用・付与のサービスを平成30年3月末に終了

 三越伊勢丹ホールディングスは、カルチュア・コンビニエンス・クラブグループが運営する共通ポイント「Tポイント」の利用・付与のサービスを平成30年3月末に終了することを発表しました。

 サービスの終了に伴い、三越伊勢丹ホールディングスとカルチュア・コンビニエンス・クラブが出資して設立された「三越伊勢丹Tマーケティング」は解散する方針となりました。

 当ブログの平成28年5月9日の記事で、三越伊勢丹グループの百貨店で平成28年5月25日よりTポイントが利用できる旨の記事を取り上げたのですが、結局のところ利用開始から2年弱でのサービス終了となってしまいました。

 今後は、三越伊勢丹ホールディングスの自社ポイントである「エムアイポイント」を強化、三越伊勢丹グループ外の店舗にも拡大したい考えです。

 またクレジットカード事業の強化も発表されており、最上位カードとなる「プラチナカード」(Visaブランド)を平成30年春から発行。このプラチナカードにはVisa paywaveも搭載される予定であることも併せて発表されております。




 前後しますが、当ブログの平成28年5月9日の記事の最後で、「既存のエムアイポイントサービスと新規に導入されるTポイントサービスという、各々の顧客層があまりにも違うポイントサービスで、果たして今後上手く共存できるでしょうか。」と疑問に思っていたことが、今回の発表により現実となってしまいました。

 個人的には今回発表となった、最上位級のクレジットカードを平成28年時点で発行していた方が、Tポイントの導入よりも経営判断としては正しかったのではないかと思いますが。

郷鉄工所、平成29年9月11日付で上場廃止へ 有価証券報告書の提出遅延に該当するため

 東京証券取引所第2部・名古屋証券取引所第2部に上場する郷鉄工所(本社・ 岐阜県不破郡垂井町、株式コード:6397)は、有価証券報告書の提出遅延に該当するため、平成29年9月11日付で、東京証券取引所第2部・名古屋証券取引所第2部の上場が廃止となります。

 スケジュールとしては、平成29年8月10日から9月10日の間は同社株式を整理銘柄に指定。(指定日最終日とその前日が休日となりますので、証券取引所での売買最終日は9月8日となります。)その後、9月11日付で上場廃止となります。

 同社株式が上場廃止となった理由としては、郷鉄工所が平成29年3月期の有価証券報告書について、延長承認を受けた法定提出期限の経過後、休業日を除いた8日目の日(平成29年8月10日木曜日)までに内閣総理大臣等への提出を行わなかったためです。

 上場廃止後の株式に関する手続きについては、今後、同社から発表があるものと思われます。

 郷鉄工所は、昭和6年5月に創業、昭和22年2月に「郷土建鉄工株式会社」を設立、昭和27年3月に現商号に変更し、昭和37年10月に名古屋証券取引所第2部、昭和45年3月に大阪証券取引所第2部にそれぞれ上場しております。




 このニュースが伝えられた、郷鉄工所(株式コード:6397)の平成29年8月10日の株価は、前営業日比30円安のストップ安(55.56%下落)の24円となり、年初来安値を更新しました。 
posted by jiji-news-yara news-japan.net at 21:03Comment(0)株式投資

福岡銀行とJCB、平成29年8月10日より電子マネーSUGOCAを搭載したJCBデビットカードを発行へ

 ふくおかフィナンシャルグループ傘下の福岡銀行とJCBは、九州旅客鉄道(JR九州)と提携して、JR九州の交通系電子マネー「SUGOCA」の機能をJCBデビットカードに搭載した「福岡銀行 Debit + SUGOCA」を平成29年8月10日より発行すると発表しました。

 「福岡銀行 Debit + SUGOCA」は、交通系電子マネー機能を搭載したJCBデビットカードとしては「福岡銀行 Debit + nimoca」に続くものとなります。

 このJCBデビットカードは、国内・海外のJCB加盟店で利用でき、利用ごとに当該代金が口座から預金座高を上限として、即時に引き落とされます。

 カードの種類は2種類あり、中学生を除く15歳以上であれば申し込める一般カードと、20歳以上であれば申し込めるゴールドカードの2種類があります。

 年会費は、一般カードが1350円(税込)、ゴールドカードが1万800円(税込)となります。但し初年度は年会費無料、2年目以降は条件付きで年会費は無料となります。




 JR系の交通系電子マネー搭載の国際ブランド付きデビットカードとしては初のカードです。

 当ブログでは、先行して発行されている「福岡銀行 Debit + nimoca」についても取り上げておりますので、興味がございましたら、こちらからご覧ください。