アーモンドミルクのカロリーは「牛乳のカロリーの約30%」

 姉妹ブログ「第3のミルク研究所」を当ブログに統合しました。これまでの記事はこちらにまとめてありますので、よろしかったらご覧ください。今回の記事は、「第3のミルク研究所」で以前掲載されたものです。

 さて健康に良い飲み物で牛乳や豆乳があります。朝食でパンを召し上がる方は牛乳は必需品だと思います。

 牛乳や豆乳、今回取り上げる第3のミルクともそれぞれのよいところがありますが、牛乳や豆乳、第3のミルクを同じ量を飲む場合、アーモンドミルクは何と最もカロリーの高い牛乳のカロリーの約30%程度なのだそうです。

 ちなみに低カロリーといわれている、豆乳のカロリーは牛乳のカロリーの3/4程度アーモンドミルクはそれを下回る牛乳の約30%のカロリーです

 またアーモンドミルクはビタミンEが豊富に含まれており、老化の防止に役立ちます。



 栄養価も牛乳と同程度と優れたものとなっております。朝食でパンを召し上がる方でアーモンドミルクに興味のある方は牛乳をアーモンドミルクに替えて試してみてはいかがでしょうか。


ブルーダイヤモンドジャパンの「アーモンドブリーズ」を購入

 姉妹ブログ「第3のミルク研究所」を当ブログに統合しました。今回の記事は、「第3のミルク研究所」で以前掲載されたものです。これまでの記事はこちらにまとめてありますので、よろしかったらご覧ください。 

 先日、ブルーダイヤモンドジャパンの「アーモンドブリーズ」オリジナルチョコレート(200ml)を各々108円で購入しました。


 アーモンドブリーズオリジナルは、さほどアーモンドの香りが強くなく、すっきりとした甘みがあるように感じられおいしかったです。

 またアーモンドブリーズチョコレートは、チョコレートの香りが比較的強いのですが、アーモンドは後から主張してくる感じで、初めて飲む人であれば、オリジナルよりチョコレートをお勧めしたいと思います。

 ちなみスーパーでの商品の陳列方法は、平冷ケースに側面が上になるように陳列されており、また別のスーパーでは商品棚にアーモンドブリーズの2種類を6から7フェイスで陳列されておりました。

 商品棚にアーモンドミルクの他の商品がないこともあるのですが、ただ単に現在ある商品で売り場を埋めている感じがしてならないので、定番の棚にアーモンドブリーズの全種類を陳列して販売してみてはどうかと思います。

植物由来のミルクについて

 植物由来のミルクと言えば、代表的なものは「豆乳」で、全ての方がご存じでしょう。

 また20年程前には、中華食材やエスニック系食材を扱う店舗でしか見なかった「ココナッツミルク」も一般的なスーパーで販売されるようになり、かなりの知名度があると思います。

 その他、この半年程でテレビでライスミルクの特集がされ、牛乳に比べて低カロリーであったり、低脂肪であるということからライスミルクが話題になりました。麹入りのメロディアンのライスミルクを実際飲んでみますと、甘酒を薄くしたような味ではあるのですが、ミルク分が濃く感じられます。

 ライスミルクは、自作される方も多いのですが、非加熱の米を使用すると、雑菌等により食中毒になる可能性がある為、注意が必要です。

 さて先日、近所の大型スーパーにアーモンドミルクなるものが販売されていました。このアーモンドミルクは、ブルーダイヤモンドジャパンの「アーモンドブリーズ」という製品のシリーズで、200mlで100円台で販売されておりました


 取り敢えず、この商品を購入したところ、初めて飲んでみたのですが、口当たりは滑らかでとてもおいしく感じました。ブルーダイヤモンドジャパンのサイトによると、1リットル入りのアーモンドミルクも販売開始されたとのことで、味が評価され、今後豆乳のようにミルク売場の定番となれるかが見所です。