2つのミニ新幹線の線形改良について

 国内には、山形新幹線・秋田新幹線の2つのミニ新幹線があります。

 ミニ新幹線は、既存の在来線の線路や信号等の設備を少々改良することにより開業できます。工事はフル規格に比べて短期間で済み、費用もかからず、乗り換えなしで目的地に行けるといったメリットがあります。

 その反面、線形については基本的に在来線とほとんど変わらないため、スピードアップをすることができず、気象状況により運休や遅延が数多く発生しております。

 この問題を解消するため、JR東日本やミニ新幹線の沿線自治体では、新規のトンネル建設の検討を行っております。

 まず山形新幹線では、奥羽本線の庭坂・米沢間に約22kmのトンネルを建設を検討しており、工事費は約1500億円、フル規格新幹線「奥羽新幹線」に対応できるものとする場合は、1620億円であるとJR東日本は試算しております。

 このトンネルができますと、東京・山形間の所要時間は現在に比べて10分程度の短縮となります。

 また秋田新幹線では、田沢湖線の赤渕・田沢湖間の18.1kmの改良を検討しており、既に平成27年5月には現地での調査が行われております。

 計画では、赤渕・田沢湖間にある単線の仙岩トンネル(約3.9km)の代替となるトンネルを建設するもので、仙岩トンネルより長い直線のものを整備したい(単線のもの)としております。




 いずれの計画も実現すれば良いと個人的には思います。特に山形新幹線のトンネルについては将来を見据えて、成田新幹線の時のように建設の着工から白紙化という、計画から現在に至るまでの無駄な時間と費用等、スカイライナーや成田エクスプレスの都心から空港までの所要時間を考えますと、多少整備費用がかかったとしても、フル規格での整備が望ましいと考えております。
posted by jiji-news-yara news-japan.net at 20:19鉄道関連

ICOCAの利用可能エリア 平成30年9月15日から福井県内にも拡大

 JR西日本は福井県内において、平成30年9月15日から交通系ICカードのICOCAを導入すると発表しました。

 ICOCAを導入するのは、北陸本線の新疋田・牛ノ谷間の19駅で、福井駅と敦賀駅には磁気・ICカードに対応した自動改札機を設置、残りの17駅は、ICカード専用の自動改札機を設置します。

 福井県内でICOCAが利用可能となることで、北陸エリアと近畿圏エリアがつながり、金沢駅以西と近畿圏相互のカード利用が可能となります。

 エリア内の移動は原則として最短経路で営業キロ200キロ以内で利用可能ですが、北陸エリアで特急停車駅で発着する場合に限り、200キロを超える利用も可能です。

 また全国相互利用サービスを行っている交通系ICカード(Kitaca・PASMO・Suica・manaca・TOICA・PiTaPa・はやかけん・nimoca・SUGOCA)も今回発表された区間でも利用できるようになります。

 ICカード型ICOCAの販売は、敦賀駅・武生駅・鯖江駅・福井駅・芦原温泉駅で平成30年9月15日から行われます。




 また平成30年9月15日から福井県内だけでなく、山陽本線の相生・和気間の4駅、赤穂線の播州赤穂・長船間の9駅でもICOCAの利用が可能となることもあわせて発表されております。
posted by jiji-news-yara news-japan.net at 17:20Comment(0)鉄道関連

富山地方鉄道、不二越・上滝線の稲荷町・不二越間の新駅を平成31年3月に開業へ

 富山地方鉄道 不二越・上滝線の稲荷町・不二越間(富山市西長江地区)に平成31年3月に新駅を設置すると発表しました。

 新駅は、稲荷町駅から南へ600メートルほどの踏切付近に設置される予定で、ホームへのスロープや屋根等を整備、費用は6800万円となります。

 新駅の近隣には富山県立中央病院があり、かねてより地元では新駅の設置を要望しておりました。

 平成31年4月には、富山県立中央病院の隣接地に、富山県立大学看護学部が新設される予定で、その通学需要に対応する形での新駅の設置となります。

 富山地方鉄道の新駅の設置としては、平成27年2月に北陸新幹線の黒部宇奈月温泉駅との乗換駅として整備された新黒部駅(黒部市)以来のことです。




 富山地方鉄道は大学の通学需要だけでなく、新駅の近くには住宅も多いことから、地域住民の利用も期待できるとしております。
posted by jiji-news-yara news-japan.net at 20:05Comment(0)鉄道関連