平成29年8月5日の松本発着の臨時列車「松本ぼんぼん号」の運行について

 JR東日本は、平成29年8月5日に開催される、毎年恒例の夏祭り「松本ぼんぼん」(松本市)にあわせて、各駅停車の臨時列車「松本ぼんぼん号」を運行することを発表しました。

 まず「松本ぼんぼん号」(各駅停車)の松本行きは、次の通り運行されます。

 茅野  15:37→松本  16:38
 有明  16:10→松本  16:42 (大糸線)
 上諏訪 16:58→松本  17:39
 塩尻  17:09→松本  17:27
 塩尻  18:00→松本  18:17
 塩尻  18:31→松本  18:48

 次に「松本ぼんぼん号」(各駅停車)の松本からの帰宅に便利な列車は、次の通り運行されます。

 松本  20:18→上諏訪 21:02
 松本  20:50→塩尻  21:08
 松本  21:24→塩尻  21:42
 松本  21:35→信濃大町22:34 (大糸線)
 松本  21:36→上諏訪 22:13
 松本  21:59→塩尻  22:17
 松本  22:31→塩尻  22:49
 松本  22:37→穂高  23:06 (大糸線)
 松本  23:23→塩尻  23:40
 松本  23:37→穂高  00:03 (大糸線)




 「松本ぼんぼん号」は毎年、松本ぼんぼん開催時に運行される臨時列車です。開催日当日の松本駅の21時台は混みそうですね。

[関連記事]

JR東日本としなの鉄道、平成29年8月5日に臨時列車「長野びんずる号」、「夏祭りびんずる号」を運行

 JR東日本としなの鉄道は、平成29年8月5日に開催される、「第47回長野びんずる」にあわせて、各駅停車の臨時列車「長野びんずる号」と「夏祭りびんずる号」を運行します。

 まず「長野びんずる号」(各駅停車)ですが、次の通り運行されます。

 篠ノ井 17:13→長野  17:26
 篠ノ井 17:48→長野  18:00

 長野  21:16→篠ノ井 21:30
 長野  22:16→篠ノ井 22:29
 長野  22:32→篠ノ井 22:46

 次に「夏祭りびんずる号」(各駅停車)ですが、次の通り運行されます。

 長野  21:24→上田  22:05




 「長野びんずる号」と「夏祭りびんずる号」は毎年、長野びんずる開催時に運行される臨時列車です。前年の平成28年の運行と比べてみますと、「長野びんずる号」は運行本数は変わらないものの、上り1本が松本行きから篠ノ井行きに変更、また「夏祭りびんずる号」は3本から1本に減少しての運行となっております。

JR東日本、次世代の新幹線試験車両「ALFA-X」開発へ

 JR東日本は、次世代の新幹線試験車両のE956形式「ALFA-X」(以下、ALFA-X)を開発すると発表しました。

 ALFA-Xは、dvanced abs for rontline ctivity in rail eperimentationのアルファベット太字部分を愛称に採用しています。

 JR東日本によると、次世代の新幹線車両の実現に向けた開発コンセプトとして、安全性・安定性の追求快適性の向上環境性能の向上メンテナンスの革新を挙げています。

 試験車両ALFA-Xは10両編成で、落成時期は平成31年春を予定しております。

 またALFA-Xの試験最高速度を時速400キロメートル程度、営業運転時の最高速度は時速360キロメートル程度を予定しております。



 
 JR東日本の次世代新幹線試験車両は、平成17年から平成21年まで試験走行が行われた「FASTECH360」以来のこととなります。

 平成43年の春に札幌まで北海道新幹線が延伸開業予定するとされていますが、それまでにはALFA-Xの試験結果が反映された新型の新幹線車両が登場すると思われます。