国名の漢字表記について 「尼」「沙」「叙」は各々どこの国を示しているかお分かりですか?

 平成28年9月24日の記事で、世界の国々を漢字(1文字の略称)でどのように表記するか取り上げましたところ、平昌冬季五輪の前後から多くのアクセスをいただくようになりました。

 漢字の表記は、国内では1400年ほど前から使われてきたといわれ、明治時代までは続いていましたが、大正時代に入ってからは主要かつ略しやすい国(20か国程度)のみ表記されるようになりました。

 今回は、平成28年9月24日の記事の補足で、その記事で取り上げなかった国名について取り上げたいと思います。

 ここでは漢字を使う日本や中国(簡体字)、台湾(繁体字)では、国よって表記の仕方が少しずつ違うわけですが、特に断り書きがない場合、日本で使う表記の仕方とします。(ここでは日本や中国といった、東アジア諸国の漢字表記は除外します。)

 星 シンガポール         錫 スリランカ         
 尼 インドネシア         香 カザフスタン (中国では「哈」)
 泰 タイ             塔 タジキスタン
 叙 シリア            沙 サウジアラビア
 馬 マレーシア          緬 ミャンマー
 老 ラオス (中国では「寮」)  埃 エジプト
 氷 アイスランド         丁 デンマーク (中国では「丹」)   
 芬 フィンランド         波 ポーランド
 羅 ルーマニア          良 ラトビア
 巴 パナマ            委 ベネズエラ
 智 チリ             勃・布 ブルガリア


 ここでタイトル中の「尼」、「沙」、「叙」がどの国であるか答え合わせをしますと、それぞれ「インドネシア」、「サウジアラビア」、「シリア」ということになります。

 サウジアラビアの「沙」は、国土の98%が沙漠(砂漠)や半沙漠が占めますので上手く訳したといえます。




 今回は、国名の漢字表記について取り上げてきました。今回取り上げていない国にも漢字表記が存在しますので、興味のある方は是非調べてみてはいかがでしょうか。
posted by jiji-news-yara news-japan.net at 00:00Comment(0)話題のネタ

新放送サービス「i-dio」、平成30年5月1日より東北ブロックでの放送サービスを開始

 北日本マルチメディア放送は、新放送サービスの「i-dio」について、平成30年5月1日正午より東北ブロックでの放送サービスを開始しました。

 これまで関東・甲信越、北陸・東海、近畿、九州・沖縄の4ブロック、12の送信所体制で放送が行われておりましたが、5月1日正午からはVーLow仙台・VーLow喜多方で放送が開始され、東北ブロックでも放送サービスが開始となりました。

 VーLow仙台は仙台市太白区に設置、周波数101.285714MHz、空中線電力は4kW、聴取可能とされるエリアは、仙台市宮城野区・若林区、名取市、多賀城市、富谷市の全部及びその周辺市町村の一部です。

 またVーLow喜多方は福島県喜多方市に設置、周波数101.285714MHz、空中線電力は1.8kW、聴取可能とされるエリアは、福島県湯川村の全部、喜多方市、会津若松市、北塩原村、西会津町、会津坂下町、柳津町、会津三里町の一部となります。

 ちなみに仙台局の呼出符号(コールサイン)は、JOLZ-MM2です。

 上記のサービスエリア外であっても、インターネット受信モードがありますので、各OSのi-dio受信アプリをダウンロードすれば、専用チューナー不要で聴取できます

 ちなみにインターネット受信モードで聴取できますのは、お住まいのブロックで放送しているチャンネルとなります。

 またインターネット受信モードは、データ通信量がかなりの量となることで、Wi-Fi環境下での利用が推奨されております。




 5ブロック目の放送サービスの開始となりました。早期に全国に拡大していくと良いのですが。
posted by jiji-news-yara news-japan.net at 23:55Comment(0)話題のネタ

積水化学工業、ゴミをエタノールに変換 平成31年度に商業化

 積水化学工業と米国・LanzaTech社は、ゴミをエタノールに変換する技術を開発し、積水化学工業は2019年度には商業化するとのことです。

 この技術は、まず処理施設に収集されたゴミを分別することなく、「ガス化溶融炉」で摂氏2000度で丸ごと溶かし、ガス化します。

 次にガス化溶融炉に付帯する「エタノール生産プラント」で、このガスを微生物により、熱や圧力を加えることなくエタノールに変換するというものです。

 この技術は、もともと米国・LanzaTech社が開発したものですが、エタノール生産プラントの設計や運営に関わる技術特許等は、積水化学工業が保有しているとのことです。

 これまで積水化学工業は、オリックス資源循環の寄居工場(埼玉県寄居町)にあるゴミ処理施設内に試験用のプラントを建設し、2014年から3年間の実証実験を行い、高い生産効率でエタノール化することに成功しておりました。




 積水化学工業としては、この技術が既存の発電設備の更新時の置換候補の有力な一つと目論んでおり、2030年代の前半には売上高1000億円を実現したいとしております。
posted by jiji-news-yara news-japan.net at 23:55Comment(0)話題のネタ