コスモ石油が、共通ポイント「WAON POINT」を平成30年夏をめどに順次導入へ

 コスモ石油マーケティングは、イオングループの共通ポイント「WAON POINT」を平成30年夏をめどにコスモ石油のサービスステーションで順次導入することを発表しました。

 将来的には、全国にある約1000店舗のコスモ石油のサービスステーションで導入する予定としております。

 今回発表になっておりますのは、給油代金200円(税込)につき1WAON POINTが付与されます。

 ちなみにWAON POINTの会員数は、平成30年2月末現在で約4500万人となっております。

 さて、コスモ石油とイオングループとの関係は、平成18年に提携クレジットカードの「コスモ・ザ・カード・オーパス」の発行が開始されたことに始まります。

 コスモ・ザ・カード・オーパスは、平成23年7月から電子マネー「WAON」の機能を搭載されるようになり、現在会員数が約334万人となっております。




 WAON POINTは、そのまま「WAON POINTでの支払い」をすることはできませんが、個人的にはかなり貯まる共通ポイントであるといった感覚ですので、ポイントアップキャンペーン等も実施する予定であることも発表されておりますので、今後が楽しみです。

第四銀行、インターネット支店を平成30年4月2日に開設

 新潟市に本店を置く、地方銀行の第四銀行は、インターネット取引に特化した支店「インターネット支店」(店番号:711)を平成30年4月2日に開設します。

 主な取扱業務は、普通預金、定期預金、振込・振替取引、無担保消費者ローンとなります。

 このインターネット支店に口座開設ができる方は、満18歳以上の日本国籍を持つ新潟県、北海道、埼玉県内にお住まいで、運転免許証を保有する方です。(地域については後日、拡大する予定とのことです。)

 口座開設方法については、インターネット支店開設日と同日に提供開始となる、同行のスマートフォン向けアプリケーション「口座開設アプリ」から申し込むこととなります。

 またこの「口座開設アプリ」は、同行の新潟県内店舗での普通預金口座の新規開設・定期預金口座の新規開設・キャッシュカードの新規発行・インターネットバンキングサービス「だいしダイレクト」の新規契約にも対応しております。




 特に新潟県にお住まいの方にとっては、最寄りの実店舗とインターネット支店から、ニーズに合わせてより便利な方を選べますので、興味のある方は第四銀行のホームページ等をご覧ください。

 今回で、新潟県内に本店を置く金融機関でインターネット支店を開設するのは、大光銀行に次いで2行目のことです。今後も第四銀行に新店舗の開設等の情報がありましたら、お伝えしていきます。

武蔵野線の新松戸・新八柱間の新駅計画 JR東日本と松戸市が協議へ

 JR東日本と千葉県松戸市は、JR武蔵野線の新松戸・新八柱間に新駅設置に向けて協議を検討しております。

 新駅設置は松戸市からの要望で、松戸市千駄堀の松戸市立総合医療センターの近くを候補地としております。

 またこの候補地は「21世紀の森と広場」にも近く、新駅が設置されますとアクセスがさらに便利となります。

 松戸市としては新駅を市街地開発の起爆剤としてとらえ、千駄堀地区の武蔵野線の線路西側の地域で市街化調整区域となっているところの一部を市街化区域に編入して、新駅周辺に商業施設の誘致や宅地開発を検討しております。

 現在JR武蔵野線には、今回取り上げた新松戸・新八柱間の新駅計画以外にも新小平・新秋津間、北朝霞・西浦和間、南浦和・東浦和間、船橋法典・市川大野間で新駅の計画や構想があります。




 これらの新駅の計画や構想のすべてが実現可能であるかは何ともいえないところですが、今後も新しい情報がありましたらお伝えいたします。