信越放送(SBCラジオ)のワイドFMの本放送 中信・南信地方で平成30年6月20日から開始

 信越放送(SBCラジオ)は、予備免許を付与されているFM補完中継局の高ボッチ局と飯田局について、平成30年6月20日に本放送を開始することを発表しました。

 これにより、長野県中信・南信地域でもワイドFMで信越放送(SBCラジオ)を聴くことができるようになります。

 このFM補完中継局の放送を聴くには、95Mhzまで受信できるラジオであれば聴け、以前販売されていたアナログタイプで地上波アナログテレビ1chから3chまで受信できるタイプのラジオでも聴けます。

 今回、本放送を開始する中継局の周波数と出力は次のとおりです。

 94.2MHz SBC 信越放送 高ボッチ 出力100W
 94.2MHz SBC 信越放送 飯田 出力100W

 これらの中継局は、地形的な影響による難聴区域の解消を図ることを目的として開設されるものです。

 すでに本放送を開始している長野局(美ヶ原)と、高ボッチ局、飯田局あわせての長野県内の人口カバー率は約65%となります。

 今後は平成30年10月に聖局、飯山野沢局、善光寺平局を開局する予定で、平成31年度以降に木曽福島局、小海局を整備する予定としております。




 今後もほかの地域でFM補完中継局(ワイドFM)の本放送が開始されましたら、当ブログでお伝えいたします。

この記事へのコメント