丸井グループ、証券事業参入 平成30年夏頃に事業開始へ

 小売・信販事業で知られる、丸井グループは証券事業に参入することを発表しました。平成30年夏頃の事業開始をめざしております。

 発表では、つみたてNISA対象の投資信託をクレジットカード決済により販売する証券会社を設立し、開業10年後には、顧客数100万人・預かり資産残高1兆円をめざすものです。

 すでに準備会社となる「つみたて証券準備株式会社」を設立、第一種金融商品取引業登録後に社名を変更する予定としております。

 丸井グループによると、クレジット払いで投資信託を購入できるのは「日本初」のことで、丸井グループで発行する「エポスカード」での投資信託の購入が想定されております。

 販売する投資信託は3、4種類程度、最低購入金額は3000円から5000円となりそうです。




 このニュースが伝えられた、5月10日の丸井グループの株価は、5月9日の株価に比べて7円高の2242円となりました。今後も新しい情報がありましたらお伝えいたします。

この記事へのコメント