広島市信用組合、呉市に2店舗目となる「広支店」を平成30年11月12日に開設へ

 広島市に本店を置く、広島市信用組合は平成30年11月12日に広島県呉市に「広支店」を開設します。

 この広支店の開設は、広島市信用組合の新店舗としては19年ぶりのことで、同信用組合の呉市内の店舗としては2店舗目となり、全35店舗の体制となります。

 立地はJR広駅から徒歩5分ほどのところで、地上2階建て、4台のATM、全自動貸金庫を設置します。

 広島市信用組合は、昭和27年に設立、昭和32年に西条信用組合、昭和47年に吉田信用組合、平成13年に広島第一信用組合を合併しました。

 預金残高は6094億円(平成30年3月末現在)で、広島県内の信用組合としては第1位の預金残高となっております。




 さて営業エリア外にお住まいの方でも、プロ野球ファンの方でしたら、マツダスタジアムのスコアボード右端にある「シシンヨー」の広告により、この広島市信用組合をご存じの方も多くいらっしゃるかと思います。

 今後も広島市信用組合に新店舗の開設等の情報がありましたら、お伝えいたします。

この記事へのコメント