新生銀行グループ、「海外プリペードカードGAICA」のVisa paywave対応を平成29年7月をめどに開始予定

 新生銀行と同グループのアプラスは、平成29年7月をめどにVisa paywave対応した「海外プリペードカードGAICA」を発行する予定です。

 「海外プリペードカードGAICA」自体は、当ブログでも平成27年6月23日の記事で取り上げております。

 今回特筆すべきは。国内で発行されている国際ブランドの付いたプリペードカードとしては、初めてVisa paywave機能を搭載したことです。

 また現在発行されている「海外プリペードカードGAICA」は海外のVisa加盟店でのみ決済が可能なのですが、新しく発行されるカードは国内のVisa加盟店でも決済が可能となります。

 その他、世界200以上の国と地域にある「Visa」、「PLUS」マークのあるATMからチャージしておいたバリューを現地通貨で引き出せます。

 また新生銀行のパワーフレックス口座をお持ちの方は、外貨普通預金(パワーフレックス口座)から外貨を直接チャージできる機能や、余った外貨建ての残高を外貨普通預金口座に戻せる機能も提供されます。




 いよいよ国内で初めてVisa paywave機能を搭載したプリペイドカードが発行されます。住信SBIネット銀行のキャッシュカードにVisa paywave機能が搭載された時も驚きましたが、今回の発表もかなり驚きました。

 また新しく発行されるカードは、国内のVisa加盟店でも決済が可能となるので、現在の「海外プリペードカードGAICA」に比べて使い勝手が格段に良くなります。個人的には以前の記事の述べた問題点が解消されて良かったと思います。

この記事へのコメント


この記事へのトラックバック