セブン銀行ATM、平成30年10月15日から楽天Edyと9種類の交通系ICカードのチャージに対応

 セブン銀行と楽天Edy、JR各社、東武鉄道、西武鉄道、小田急電鉄、京成電鉄、名古屋鉄道は、セブン銀行のATMにおいて、楽天Edyと9種類の交通系ICカードのチャージが、平成30年10月15日から可能になることを発表しました。

 これにより、全国にあるセブン銀行のATMにおいて24時間、チャージ(入金)や残高照会が利用できるようになります

 新しくチャージが可能となるのは、楽天Edy・Kitaca・Suica・PASMO・TOICA・manaca・ICOCA・SUGOCA・nimoca・はやかけんの10種類の電子マネーです。 

 チャージ方法は、セブン銀行のATMの画面上にある「ICカード」を選択し、画面の右側にある読取機にカード・端末をセットし、チャージしたい金額を指定するでできます。

 チャージ手数料は無料で、1000円単位でチャージすることができ、金額指定(釣り札)にも対応します。




 従来からセブン銀行でのチャージと同様に、今回チャージが可能となった10種類の電子マネーは、いずれもプリペイドカード型の電子マネーで、ソニーが開発したFeliCaを搭載したものであるので、ATM側で大掛かりな改良が必要なかったといえます。

 ただ、10種類の電子マネーのユーザーにとっては、チャージについてかなり便利になるのは良かったと思います。

この記事へのコメント