西武信用金庫、73店舗目となる「五反田支店」を開設

 東京都中野区に本店を置く、西武信用金庫は平成29年7月18日に東京都品川区に初出店となる「五反田支店」(店番号:170)を開設しました。この五反田支店の開設により、同信用金庫の店舗は本・支店合わせて73店となりました。

 開設された五反田支店のアクセスとしては、JR五反田駅の東口から徒歩5分、JR大崎駅の東口から徒歩8分のところ、都道317号線沿い(北側)に立地しております。

 また同支店の窓口・ATMの営業時間は、平日9:00から17:00となります。

 西武信用金庫の店舗新設は、平成28年7月に東京都千代田区に開設された「日テレ通り支店」以来のことです。

 西武信用金庫はもともと、昭和14年に発足した「野方信用組合」(後に協立信用金庫に改組)と昭和23年に発足した「福生町信用組合」(後に武陽信用金庫に改組)が昭和44年に合併して発足したものです。その後も平成14年には平成信用金庫と合併しております。




 ちなみに西武信用金庫の平成29年3月末の預金量は1兆7490億円となっており、平成26年3月末は1兆4887億円、平成27年3月末は1兆5451億円、平成28年3月末の預金量は1兆6436億円と、近年出店を加速していることもあり、預金量が年々増加していることがわかります

 今後も西武信用金庫に新店舗の開設等の情報がありましたら、お伝えいたします。

この記事へのコメント


この記事へのトラックバック