三陸鉄道・北リアス線の田老・摂待間の新駅 平成31年10月末に開業へ

 国土交通省東北運輸局は、三陸鉄道から申請のあった北リアス線の田老・摂待間の新駅の設置について認可しました。

 新駅の名称は「新田老駅」(愛称は「真崎の紺青」)で、岩手県宮古市田老字館が森に設置されます。

 また新駅の開業は平成31年10月末が予定されております。

 新駅の設置理由としましては、新駅の近くに宮古市の田老総合事務所が移転することと、災害公営住宅や団地の造成によるものです。

 北リアス線に設置される新駅としましては、平成29年3月に野田玉川・陸中野田間に設置された「十府ヶ浦海岸駅」以来のこととなります。

この記事へのコメント