埼玉縣信用金庫、「戸田支店」を平成30年9月18日に開設へ

 埼玉県熊谷市に本店を置く、埼玉縣信用金庫は「戸田支店」を平成30年9月18日に開設することを発表しました。

 戸田支店はまず、さいたま市浦和区仲町1丁目にある「浦和支店」の支店内支店として設置され、平成31年度には戸田市内にできる新店舗で本格オープンするとしております。

 新店舗の予定地は、JR埼京線の戸田駅西口から徒歩3分ほどの戸田駅前交差点・北大通り沿いとなっております。

 また戸田支店の店番号は124となります。

 埼玉縣信用金庫の新規出店は、平成26年11月に開設された「三郷支店」以来のことで、戸田支店は96店舗目の出店となります。

 さて埼玉縣信用金庫は、昭和23年2月に熊谷、浦和、大宮、川越、秩父、本庄、行田、羽生、加須の9市街地信用組合の事業譲渡を受けて、「埼玉縣信用組合」として設立されました。昭和26年10月には信用金庫法に基づき、埼玉縣信用金庫となりました。

 平成30年3月期の預金積金残高は2兆7021億円となっており、これは埼玉県内に本店を置く信用金庫ではトップとなっております。




 今後も埼玉縣信用金庫に新店舗の開設等の情報がありましたら、お伝えいたします。

この記事へのコメント