ファミリーマート、平成30年12月4日から国内の全店舗で「楽天ペイ」での決済が可能に

 楽天とファミリーマートは、平成30年12月4日から国内にあるファミリーマートの全店舗で、楽天が提供する決済サービス「楽天ペイ」を導入することを発表しました。

 まず平成30年11月に一部店舗で導入を開始し、順次拡大していくものです。

 楽天ペイとは、専用のスマートフォンのアプリケーションを使って、楽天会員IDと紐づけされたクレジットカード・デビットカードを簡単に実店舗で利用できるサービスのことで、すでにコンビニエンスストアチェーンではローソンが導入しております。(この他では、ハマナスクラブの一部店舗で導入、ポプラグループが平成30年12月中旬に導入予定。)

 楽天ペイには現在、端末上にQRコードを表示させる「QRペイ方式」、端末上にバーコードを表示させる「バーコードペイ」、利用者が金額入力をする「セルフペイ方式」の3種類の方式があります。

 ファミリーマートの店舗では、端末上にバーコードを表示させる「バーコードペイ」が導入されます。

 この楽天ペイのアプリケーションを使って決済しますと、「楽天スーパーポイント」が税込200円につき1ポイント付与されます。

 また楽天ペイに登録された(楽天会員IDと紐づけされた)クレジットカードと楽天スーパーポイントを併用して決済することも可能です。




 またファミリーマートでは、平成30年12月4日から楽天ペイの他、d払い、LINE pay、Paypayの合わせて4つのコード決済を国内の全店舗で導入することも発表しております。

 ここにきて、一気にコード決済が増加しましたね。

この記事へのコメント