楽天ペイ、今後JCBブランドでのカード登録が可能に

 楽天は、同社が提供する決済サービス「楽天ペイ」について、JCBが取り扱う国際カードブランドを登録可能とすることで両社が合意したことを発表しました。


 これまで楽天ペイでは、Visa、Mastercard、楽天カードのみが登録可能となっておりましたが、今回の合意により、今後はJCB、American Express、Diners Club、Discoverの各カードブランドの登録が可能になります。

 楽天ペイは、専用のスマートフォンのアプリケーションを使って、楽天会員IDと紐づけされたクレジットカード・デビットカードを簡単に実店舗で利用できるサービスのことです。

 楽天ペイは、端末上にQRコードやバーコードを表示させて、加盟店舗のPOSレジでコードを読み取って決済したり、逆に店舗で表示されるQRコードをスマートフォンで読み取ることにより決済を完了させる方法であったり、利用者が金額入力をする「セルフペイ方式」といった、決済方式があります。

 このアプリケーションを使って決済しますと、「楽天スーパーポイント」が税込200円につき1ポイント付与されます。

 また楽天ペイに登録された(楽天会員IDと紐づけされた)クレジットカードと楽天スーパーポイントを併用して決済することも可能です。




 実際、ローソンで楽天ペイを使ってみますと、期間限定ポイントも利用(消化)できて大変便利です。今後も多くの店舗で展開していってもらいたいところです。

この記事へのコメント