沖縄銀行、平成29年8月よりJCBデビットカードの発行へ

 平成29年8月から、那覇市に本店のある地方銀行の沖縄銀行の口座を保有する方を対象として、JCBデビットカード「おきぎんJCBデビット」を発行する予定であることを沖縄銀行とJCBより発表されました。

 沖縄県に本店を置く金融機関としては、琉球銀行に次ぐ国際ブランド付きのデビットカードの発行となります。

 このJCBデビットカードは、中学生を除く満15歳以上であれば与信審査はなく作ることができ、国内・海外のJCB加盟店で利用でき、利用ごとに当該代金が口座から即時引き落とされます。(上限は預金残高内・利用限度額設定範囲内となります。)

 現在のところ、デビットカード利用時のポイントプログラムは発表されておりません。

 当カードは、キャッシュカード機能とデビットカード機能の「一体型」とデビットカード機能のみの「単体型」の2種類が発行されます。

 プレスリリースされた券面のデザインでは、一体型が「ジンベイザメ」と「ミンサー柄(赤)」の2種類、単体型は「ハイビスカス」と「ミンサー柄(紫)」の2種類となっております。

 年会費は初年度無料となっており、2年目以降は本会員が500円(税別)、家族会員が250円(税別)です。

 但し、次のいずれかに該当する方は2年目以降も年会費が無料となります。

 ・満22歳以下の方
 ・デビットカードを年間5万円以上利用された方
 ・「おきぎんJCBデビット」で携帯電話料金をデビット決済された方




 さて、沖縄銀行のライバルである琉球銀行は、平成27年10月に「りゅうぎんVisaデビットカード」を発行しており、発行の目標としていた年間3万枚を上回り、会員数も堅調に推移しております。

 今後も国際ブランドの付いたデビットカードが発行する金融機関から発表がありましたら、お伝えいたします。


この記事へのコメント


この記事へのトラックバック