長崎県内の8つの交通事業者、IC乗車券をニモカに切り替え 平成31年度から平成32年度に

 平成14年から導入されている「長崎スマートカード」(長崎県内の交通事業者10事業者が導入)のシステムの老朽化による切り替えについて、このうち8事業者が、平成31年度から平成32年度にIC乗車券「ニモカ」(nimoca)を導入する方針を明らかにしました。

 ニモカを導入予定の事業者は次のとおりです。
 
 ・長崎県交通局(長崎県営バス)
 ・長崎電気軌道
 ・松浦鉄道
 ・島原鉄道(島鉄バス)
 ・西肥自動車
 ・長崎県央バス
 ・佐世保市交通局
 ・させぼバス

 ニモカ(nimoca)は平成27年10月18日現在、交通系ICカードとしては九州で最も多い、300万枚が発行されており、九州各県・函館でニモカに参加する鉄道・軌道・バス各社の乗車券、タクシー運賃、また電子マネーとして使われております。(全国交通系ICカードの相互利用にも参加していますので、ある意味全国で利用できます。)

 ニモカの導入には、総額で18億円が見込まれております。将来的には長崎スマートカードの利用はできなくなりますが、ニモカへの移行期間を設ける等、両カードの併用期間について今後協議されます。




 現時点でニモカの導入の有無について決まっていない、「長崎自動車」と「さいかい自動車」については、平成29年中に方針を示すとのことです。(スマートカードの継続利用や独自のカードの発行も考えられているとのことです。)

 ニモカが利用できるエリアが拡大していることについては、当ブログでは今までも取り上げております。今後どのように発展していくか楽しみです。

この記事へのコメント


この記事へのトラックバック