コインチェック、マネックスグループが全株式を取得して完全子会社化 

 インターネット証券大手のマネックスグループは、仮想通貨交換業者のコインチェックの全株式を取得して完全子会社とすると発表しました。

 今回の株式譲渡契約では、マネックスグループによるコインチェック株式の取得については、平成30年4月16日に行わる予定としております。

 買収金額は36億円で、将来的にはコインチェックの株式公開もめざしているとのことです。

 コインチェックは、平成30年1月26日の何者かによる不正アクセスにより仮想通貨NEMの不正送金が行われ、関東財務局から業務改善命令を受けており、同社は立て直しのためにスポンサー企業を探している状況となっておりました。
  
 マネックスグループによるコインチェックの買収検討のニュースが伝えられた、平成30年4月3日のマネックスグループの終値は、前営業日比80円高(23.26%高)の424円のストップ高となりました。




 また株式譲渡契約が締結された、平成30年4月6日のマネックスグループの終値は、前営業日比80円高(20.00%高)の480円のストップ高となり、年初来高値を更新しました。

 マネックスグループは、ブロックチェーン・仮想通貨関連事業への進出・参入を同社の「第2の創業」ととらえております。今後、マネックスグループがコインチェックをどのように「活用」していくかが楽しみです。

この記事へのコメント