ICOCAの利用可能エリア 平成30年9月15日から福井県内にも拡大

 JR西日本は福井県内において、平成30年9月15日から交通系ICカードのICOCAを導入すると発表しました。

 ICOCAを導入するのは、北陸本線の新疋田・牛ノ谷間の19駅で、福井駅と敦賀駅には磁気・ICカードに対応した自動改札機を設置、残りの17駅は、ICカード専用の自動改札機を設置します。

 福井県内でICOCAが利用可能となることで、北陸エリアと近畿圏エリアがつながり、金沢駅以西と近畿圏相互のカード利用が可能となります。

 エリア内の移動は原則として最短経路で営業キロ200キロ以内で利用可能ですが、北陸エリアで特急停車駅で発着する場合に限り、200キロを超える利用も可能です。

 また全国相互利用サービスを行っている交通系ICカード(Kitaca・PASMO・Suica・manaca・TOICA・PiTaPa・はやかけん・nimoca・SUGOCA)も今回発表された区間でも利用できるようになります。

 ICカード型ICOCAの販売は、敦賀駅・武生駅・鯖江駅・福井駅・芦原温泉駅で平成30年9月15日から行われます。




 また平成30年9月15日から福井県内だけでなく、山陽本線の相生・和気間の4駅、赤穂線の播州赤穂・長船間の9駅でもICOCAの利用が可能となることもあわせて発表されております。

この記事へのコメント