平成30年10月9日から、多くの金融機関で24時間振込が可能に

 全国銀行協会は、異なる金融機関間での振込について、平成30年10月9日の15時30分から、365日24時間可能となると発表しました。

 日時や参加金融機関について、正式には平成30年9月中に決定されるとしております。

 これまではインターネット専業銀行では、同一銀行のロ座間での振込について、365日24時間可能なものがあるのですが、平成30年10月9日からはこの便利なサービスを多くの金融機関で利用できるようになります。

 現在、ゆうちょ銀行や都市銀行、信託銀行、インターネット専業銀行、信用金庫、信用組合等、4月末時点で505の金融機関が参加を表明しております。

 但し、全ての金融機関が参加しているわけではなく、みずほ銀行やみずほ信託銀行、LONGS各行や労働金庫、JAバンク(農協)、JFマリンバンク(漁協)等は、現在のところ参加を見送っております

 また参加表明をしている金融機関の中でも、需要の有無によっては、振込可能な時間を限定するのではないかという動きもあります。(単に現在の振込可能時間を拡大しただけということです。)




 便利なこのサービス、数多くの金融機関が365日24時間利用できると大変、有難いのですが。
 

この記事へのコメント