ファミリーマートでdポイント、楽天スーパーポイントが使えるように 令和元年11月よりサービス開始へ

 ファミリーマートは、現在導入している共通ポイントサービス「Tポイント」に加え、令和元年11月より、NTTドコモの「dポイント」、楽天ペイメントの「楽天スーパーポイント」が使えるようになると発表しました。

 共通ポイントのカード・アプリをレジで提示しますと、200円(税込)の決済につき1ポイントを付与、また1ポイント当たり1円として支払いに充当できます。

 ファミリーマートは先日、平成27年から保有する、Tポイントを運営する「Tポイント・ジャパン」株式を、同社の親会社であるCCCマーケティングに全て売却すると発表しておりました。

 その中で「さまざまなポイントプログラムとの連携を検討する」としておりました。

 今後は、令和元年7月に提供開始予定の決済アプリケーション「ファミペイ」と各共通ポイントサービスとの連携を予定しているとのことです。

 1種類のバーコードを提示するだけで、ポイントサービスの利用・決済までを完了できるものにするとしております。




 サークルKサンクスとの合併以降、ファミリーマートは自前のポイントサービス・電子マネー導入や金融機関の設立について言及していました。

 合併時にサークルKサンクスが導入していた「楽天スーパーポイント」をやめて、共通ポイントサービスを「Tポイント」に一本化したのに、今回再度の導入ということになります。

 今さらながら、楽天スーパーポイントをそのまま導入しておけば良かったのではないかと思います。

この記事へのコメント