ドネツク人民共和国をご存じですか?

 ドネツク人民共和国は、ウクライナ・ドネツィク州でロシアへの編入を求める分離独立派が、独立を一方的に宣言した地域で2014年以降、ウクライナの支配が及んでいない地域です。

 ドネツク人民共和国は、この地域に住む親ロシア派の住民により、2014年4月7日にドネツィク州議会が占拠され、「人民ソビエト」なる会議を開催、ドネツク人民共和国の建国が宣言されたという流れでした。

 ドネツィク州の東側、面積にして州の3割程度を分離独立派が実効支配しておりますが、国際社会では独立を認めておらず、ウクライナの一地域という位置づけとなっております。

 現在、ドネツク人民共和国と同様に、ウクライナ・ルハーンシク州でロシアへの編入を求める分離独立派が、独立を一方的に宣言した地域「ルガンスク人民共和国」と共に「ノヴォロシア人民共和国連邦」の結成を2014年5月に宣言しております。

 ドネツク人民共和国は現在南オセチア共和国(いわゆる独立勢力)が国家として承認しておりますが、我が国をはじめ、国連加盟国で国家承認をした国はありません




 ウクライナ政府はドネツク人民共和国をテロ組織として分類しており、外務省の海外安全ホームページでは、ドネツク人民共和国は渡航中止勧告地域(レベル3)となっております。

 どのような目的であっても近づくべきではないでしょう。

[関連記事]

この記事へのコメント