米国ウォルト・ディズニー社、21世紀フォックスを約8兆円で買収へ

 米国のエンターテインメント企業「ウォルト・ディズニー社」は、同業の「21世紀フォックス」の主要事業を約8兆円で買収するとのことです。

 21世紀フォックスの主要事業をめぐり、ウォルト・ディズニー社は2017年12月に、21世紀フォックスとの間で約6兆円(524億ドル)で同社株式を取得することで合意しておりました。

 その後、米国ケーブルテレビ最大手のコムキャストが、21世紀フォックスに対し約7兆3000億円(650億ドル)での同社株式の買収を提示したことにより、ウォルト・ディズニー社とコムキャストによって争奪戦が繰りひろげられておりました。

 2018年6月になって、ウォルト・ディズニー社は株式の取得額を約8兆円(713億ドル)に引き上げ、結果、コムキャストが21世紀フォックス争奪戦から撤退する形となりました。

 ウォルト・ディズニー社は今回の買収により、21世紀フォックスの持つ映画やテレビ番組といったコンテンツを活用し、現在力を入れている動画配信のサービスをさらに拡大したい考えです。




 争奪戦から撤退したコムキャストは今後、英国衛星放送大手のスカイの買収に注力するとのことです。

この記事へのコメント