中国銀行とJCB、平成30年10月1日よりJCBデビットカードを発行開始

 平成30年10月1日より、岡山市に本店を置く、中国銀行に普通預金口座を保有する方を対象として、JCBデビットカード「ドリーミーデビットカード<JCB>」の発行を中国銀行とJCBが開始しました。

 このJCBデビットカードは、中学生を除く満15歳以上であれば与信審査なく作ることができ、国内・海外のJCB加盟店で利用でき、利用ごとに当該代金が口座から即時引き落とされます。(上限は預金残高内・利用限度額設定範囲内となります。)

 また国内・海外旅行傷害保険やショッピングガード保険が付帯され、不正利用も補償されます。

 当カードはキャッシュカード一体型(ドリーミーデビットダブル)とデビットカード単体型(ドリーミーデビットシングル)の2つの形態から選べ、一般カードゴールド(学生を除く、満20歳以上)の2つの種類があります。(いずれも家族会員として、デビットカードの発行が行えます。)

 一般カードの年会費は初年度無料となっており、2年目以降は本会員が1250円(税抜)、家族会員が400円(税抜)です。

 但し、次のいずれかに該当する方は2年目以降も年会費が無料となります。

 ・満22歳以下の方
 ・デビットカードを年間10万円以上(税込)利用された方
 ・携帯電話利用料金の決済をされた方

 またゴールドカードの年会費は本会員が1万円(税抜)、家族会員は1人目は無料、2人目以降1000円(税抜)です。

 券面のデザインは、一般カードのキャッシュカード一体型(ドリーミーデビットダブル)は赤を基調としたもの、デビットカード単体型(ドリーミーデビットシングル)は白を基調としたもの、ゴールドカード(ドリーミーデビットゴールドシングル・ダブル)は金色を基調としたものとなっております。




 またポイントサービスとしましては、毎月のご利用合計金額1000円(税込)ごとに、JCBのOki Dokiポイントが1ポイントが付与されます。

 今後も国際ブランドの付いたデビットカードが発行する金融機関から発表がありましたら、お伝えいたします。

この記事へのコメント