キャッシュカードの磁気不良をATMで自動修復 りそなグループが初

 りそな銀行、埼玉りそな銀行、近畿大阪銀行のりそなグループ3行のATMで、キャッシュカードの磁気不良を自動修復するサービスを開始しました。

 これは磁気不良の状態であるキャッシュカードをATMに挿入しますと、磁気記録を正常に修復します。またその所要時間も15秒から30秒であるそうです。

 これまでは、銀行の窓口においてのキャッシュカードの再発行手続きが必要でした。

 今後、りそなグループ3行のATMが稼働していれば、利用者はいつでも磁気記録を正常に修復されるということになります。

 実はこの磁気不良をATMで自動修復するサービスは、顧客からあげられた意見を反映したものとのことです。




 これまで通帳の磁気不良をATMで自動修復するサービスは、千葉興業銀行や荘内銀行等で行われてきましたが、キャッシュカードはりそなグループ3行が初めてです。他の金融機関のATMにも広がってもらいたいサービスですね。


この記事へのコメント


この記事へのトラックバック