山陽新幹線の全トンネルで携帯電話での通信の利用が可能になりました

 JR西日本は、平成28年12月22日から山陽新幹線の峠山トンネル(新山口・厚狭間)・小倉間で、NTTドコモ、KDDI、ソフトバンクモバイルの3つのキャリアの携帯電話の通信サービス提供を新たに開始しました。

 これまで山陽新幹線は、新大阪・崎山トンネルの東側までの間と小倉・博多間で、通信サービスを提供していますが、先述の新たに提供した区間と合わせて、山陽新幹線では全ての区間で携帯電話での通信の利用が可能になりました。

 JR西日本が運営するもう一つの新幹線、北陸新幹線については新親不知トンネルの西側・金沢間について、携帯電話の通信サービスが利用できるように工事が進められております。

 JR西日本としては、平成32年までに北陸新幹線の同社管内で携帯電話通信サービスが利用できるようにしたいとしております。

 ただ携帯電話通信サービス開始時期はまだ詳細がわからないような状況で、今後JR西日本からアナウンスされることとなっていますが、できれば早期のサービス開始を期待したいところです。


この記事へのコメント


この記事へのトラックバック