「とれいゆつばさ」の車両を使った、上野発のツアー専用臨時列車を平成29年2月に運行

 平成24年7月より福島・新庄間で土曜日・日曜日を中心に運行されている、山形新幹線の「とれいゆつばさ」がツアー専用臨時列車として、平成29年2月に初めて上野駅発で運行されます。

 とれいゆつばさは、その車内にバーカウンターやお座敷席、足湯があることでも有名な列車です。

 通常、東北新幹線の区間で運行されることはありませんが、平成29年2月に上野駅発で3度運行されることとなりました。運転日と時刻、企画・実施は次のとおりです。

 平成29年2月 3日 金曜日
 上野 10:54 → 大宮 11:14 → 山形 13:31
 企画・実施:クラブツーリズム

 平成29年2月16日 木曜日
 上野 11:54 → 大宮 12:14 → 天童 15:00
 企画・実施:阪急交通社

 平成29年2月23日 木曜日
 上野 10:54 → 山形 13:31 → 天童 14:03
 企画・実施:びゅうトラベルサービス

 これ以上の詳細つきましては、JR東日本や各旅行会社にお問い合わせください。




 上野駅発のとれいゆつばさの利用方法としては、各旅行会社の旅行商品を購入することによって利用できます。これは山形・天童への移動手段という側面もあるわけです。

 今後もこういったジョイフルトレインを普段、運行していない路線で運行をしてもらいたいところです。


この記事へのコメント


この記事へのトラックバック