平成29年1月より、イオンウォレットアプリにモバイル決済機能を追加予定

 スマートフォンアプリの「イオンウォレット」では、イオンマークのついているクレジットカードやイオンデビットカード、WAONカードを登録することによって、利用明細(請求額)や口座残高、ポイント残高といった情報が、スマートフォン上で確認することができます

 このアプリには、その他にもリボ変更機能やイオングループの店舗で利用できるクーポン機能も搭載されております。

 さてこのイオンウォレットですが、モバイル決済機能を平成29年1月より追加する予定であることが発表されました。(まずはAndroid版から対応させることがアナウンスされております。)

 これはFeliCa(フェリカ)に対応したスマートフォンをクレジットカード代わりとして、イオングループの店舗で決済することができるモバイル決済サービスのことです。

 NTTドコモが運営する、クレジット決済サービス(後払い式電子マネー)の iDの読取端末があれば、イオングループ外の店舗でも、イオンウォレットのモバイル決済機能を利用できる予定とのことです。
  
 イオンウォレットのモバイル決済機能を利用できる店舗は、約8000店舗を予定していることもあわせて発表となっております。



 今回紹介しました、イオンウォレットのモバイル決済機能以外にも、Apple Payが10月下旬から日本国内で開始されることもあり、今後、小売店での一層のキャッシュレス化が進む可能性があります。

この記事へのコメント


この記事へのトラックバック