長野県民でもそれほど知らないであろう「ぐるっと信州ネット」について

 今回は私の地元、長野県の金融機関のネタです。長野県の金融機関のシェアとしては、個人向け法人向け問わず、地方銀行の雄である八十二銀行が圧倒的に強く第1位、第2地方銀行の長野銀行が大きく離れての第2位となっております。

 また信用組合も県内に本店を置くものは、長野市の長野県信用組合(長野県のシェア第3位)があるのみで、信用金庫にしても6つあるものの、各々営業エリアの重複しない「紳士協定」があるため、長野県内は基本的には金融無風地域といえます。

 金融無風地域ということもあって、つい最近まで長野県内の金融機関同士の提携は、さほど話題に上らず、八十二銀行と長野県内の6信用金庫の提携によって誕生した「ぐるっと信州ネット」について、知らない長野県民は意外に多いのではないかということで、今回取り上げてみました。

 「ぐるっと信州ネット」参加する金融機関は次のとおりです。

 八十二銀行  長野信用金庫
 松本信用金庫 上田信用金庫 
 諏訪信用金庫 飯田信用金庫
 アルプス中央信用金庫

 このサービスでは、7つの金融機関のキャッシュカードを持つ方が、「ぐるっと信州ネット」のマークが掲示されているATMに限り、次の引出手数料が適用されます。

 平 日 8:45から18:00 無  料
 平 日  上  記  以  外 108円(税込)
 土休日     終  日    108円(税込) 

 注意点としては、「ぐるっと信州ネット」のマークが掲示されていないATMには優遇されず、入金や通帳の利用はできません

 法人カードの利用ができないことから、主に個人向けのサービスとなります。(さらなる詳細については、八十二銀行と6信用金庫のホームページ等をご覧ください。)



 また八十二銀行は、同様の引出手数料優遇サービスを群馬銀行と東邦銀行との間でも行っており、平日の8:45から18:00が手数料無料で利用でき、平日の8:00から8:45と18:00から21:00、土休日の全ての時間の引出手数料は108円(税込)となります。

 さて、「ぐるっと信州ネット」に参加する金融機関のテレビCMや報道でも、近年ではほとんど取り上げられることはなく、ATMコーナーにそれとなくマークが掲示されているような状況ですので、サービスとしては良いものであるのに周知されていないのは大変残念です。

この記事へのコメント


この記事へのトラックバック