GMOインターネットグループのあおぞら信託銀行を活用した「新インターネット銀行」を平成29年度の営業開始をめざす

 平成27年7月2日の当ブログの記事でも紹介しました「GMOインターネットグループのインターネット銀行参入について」ですが、このたび同社よりプレスリリースがあり、あおぞら信託銀行を活用した「新インターネット銀行」を平成29年度の営業開始をめざす旨の発表がありました。

 GMOインターネットとGMOクリックホールディングス、あおぞら銀行、あおぞら信託の連名で発表があり、現在あおぞら銀行が100%出資している、あおぞら信託銀行にGMOインターネットとGMOクリック証券を子会社に持つGMOクリックホールディングスが、現在のあおぞら銀行とともに出資に参加するとのことです。

 商品およびサービスは現在検討中とのことで詳細は伝わってきませんが、インターネットを活用して事業を行う中小事業者を中心にサービスや融資を行うことや、先述のGMOクリック証券と新インターネット銀行と連携したサービスも検討しているそうです。また、あおぞら信託銀行の既存の信託業務は、今後もサービスを継続するとのことです。



 あおぞら信託銀行は、平成6年4月に日債銀信託銀行として開業し、平成13年に現社名となっており、現在の店舗数は本店のみの1店です。(このインターネット銀行が営業を開始したら急激に口座数が増加することから、同業他社のように本店以外に複数新設されるかもしれません。)

 さてGMOインターネットグループ念願の銀行業参入が動き出しました。実質的には、あおぞら信託銀行を衣替えする形となりそうですが、GMOクリック証券と新インターネット銀行の関係は、現在銀証で連携をしている、住信SBIネット銀行とSBI証券のようなものになるのかも楽しみであります。

 またあおぞら銀行では、既に他行に先駆けて導入されたVISAデビットカード(キャッシュカード兼用)が、このインターネット銀行でも発行されるかもしれません。興味深い金融商品を楽しみにしつつ、とりあえずは営業の開始まで期待して待ちたいと思います。


この記事へのコメント


この記事へのトラックバック