ハウス食品グループ本社、「CoCo壱番屋」を運営する壱番屋に株式公開買付を実施へ

 壱番屋を連結子会社化するのを目的として、ハウス食品グループ本社は、10月30日に株式公開買付を実施すると発表し、壱番屋もこの提案に賛同しました。

 公開買付の期間は11月2日から12月1日までで、1株あたり6000円となります。

 壱番屋は、カレーハウスCoCo壱番屋を運営するカレー専門店で、国内最大手です。

 同社は現在のところ、ハウス食品グループ本社の持分法適用関連会社(同社株式の19.55%所有)となっております。

 ハウス食品グループ本社は、この公開買付で、壱番屋の株式の51%の所有を目指しており、公開買付の価格もこれに沿っており、公開買付後も壱番屋の上場は維持されます

 今回の壱番屋のプレスリリースでの注目点は、この連結子会社化により、「海外事業展開のスピードを一層高め、両社の連携を密にし、既存の地域での出店の拡大、新規の地域の進出において協働する。」としております。

 日本国内で大規模なカレーハウス事業を行う場合、香辛料の調達の関係で、S&Bかハウス食品のいずれかと提携をしないと店舗数を拡大できませんので、今回の発表もうなづけます。



 ちなみに本日の株価は、ハウス食品グループ本社の終値が2096円(前日比38円高 ・1.85%上昇)。

 壱番屋の株価は、終値で5370円(変わらず)でしたが、高値では5400円をつけました。

この記事へのコメント


この記事へのトラックバック