国鉄中津川線の夢ふたたび 中央新幹線(中央リニア)の長野県内駅と岐阜県内駅

 国鉄中津川線は、現在のJR飯田線の飯田駅(長野県飯田市)と現在のJR中央西線の中津川駅(岐阜県中津川市)を結ぶ計画であった鉄道路線のことです。

 直流電化方式で整備する予定でした。設置予定駅・信号場は、次の通りです。

 飯田駅
 伊那中村駅
 伊那山本駅
 阿智駅
 昼神駅

 夜烏山信号場
 富士見台信号場

 神坂駅
 美濃落合駅
 中津川駅


 伊那谷と中京方面を結ぶ路線として期待され建設が始まりましたが、国鉄末期ということや中央自動車道の建設中央新幹線の計画が持ち上がったことにより、結局のところ、昭和55年には建設が凍結されてしまいました。



 現在、中津川線の設置予定駅であった周辺地域の旅客では、中央自動車道の高速バスがあり、ほぼ中津川線の代替といってもよい交通機関となっております。

 今後、中央新幹線(中央リニア)も飯田市付近、中津川市付近に駅が設置されますので、地元の方々にとっては、善光寺白馬電鉄(善白鉄道)のように北陸への短絡線を目的として計画され、結局頓挫したものの、今年3月の北陸新幹線の金沢延伸開業したのと同様、中津川線建設の目的である、伊那谷と中京方面を結ぶ路線(それもリニアモーターカーでの路線)が建設されるということで、ほぼ目的は達成されるといえるでしょう。

この記事へのコメント


この記事へのトラックバック