都道府県別食料自給率について

 
 初めての記事投稿は、「都道府県別食料自給率について」としました。

 このデータは、各地域の自給率向上のため、農林水産省が都道府県別の食料自給率を試算したものです。
試算に使われたデータは、「食料需給表」、「作物統計」、「生産農業所得統計」等で、平成24年度のものです。

 このデータから、我が国のカロリーベースの自給率が39%(前年度と変わりなし)、生産額ベースの自給率が68%(前年より1ポイント向上)ということでした。
 
 カロリーベースの自給率のトップは、予想通り「北海道」の200%、またワーストは、こちらも予想通りの「東京都」の1%でした。

 次に生産額ベースの自給率では、トップが農業県「宮崎県」の248%、ワーストはこちらも「東京都」で、4%でした。

 カロリーベースで完全自給できる道県が、北海道東北が中心で6道県、生産額ベースで完全自給できる道県は、意外に多く21道県でした。

 調べておりまして、生産額ベースで完全自給できる道県が21道県もあるとはおもっていなかったのでこれは結構驚きでした。



 都道府県別の詳細は下記、農林水産省ホームページにてご覧ください。

 出典:農林水産省ホームページ http://www.maff.go.jp/j/zyukyu/zikyu_ritu/zikyu_10.html

この記事へのコメント


この記事へのトラックバック