平成30年3月現在の新規参入銀行の預金残高

 平成12年に営業を開始した「ジャパンネット銀行」以降に設立された銀行で、従来の銀行にはない、インターネット取引に特化したような業務を行う銀行(いわば新たな形態の銀行)についての平成30年3月現在の預金残高です。

 ここでは北九州銀行のように主に山口銀行から九州の店舗を譲渡され設立し、地方銀行に分類される銀行は含みません。

 新規参入銀行の預金残高ー覧です。(銀行名の上にある数字は、銀行コードです。)
 
 0033
 ジャパンネット銀行 7,503億円

 0034
 セブン銀行 4,095億円

 0035
 ソニー銀行 2兆2,193億円

 0036
 楽天銀行 2兆1,277億円

 0038
 住信SBIネット銀行 4兆4,260億円

 0039
 じぶん銀行 9,068億円

 0040
 イオン銀行 3兆0,538億円

 0041
 大和ネクスト銀行 3兆5,560億円

 0322
 新銀行東京 2,698億円


 出典:各銀行のプレスリリース・財務情報等より

 銀行コード0037は現在は欠番で、以前は「日本振興銀行」が使っていました。




 今回をもって、新銀行東京の預金残高については、同行を含む3行の合併により「きらぼし銀行」となったため、表示は終了となります。

 次に当ブログで新規参入銀行の預金残高を取り上げる際は、ローソンバンク(現在は準備会社)やGMOあおぞらネット銀行(旧あおぞら信託銀行)の預金残高もあわせて表示する予定です。

この記事へのコメント