井村屋グループ、東証2部・名証2部から各々1部に昇格 平成29年12月7日付

 井村屋グループは、現在上場している東京証券取引所第2部・名古屋証券取引所第2部から各々の市場の第1部に平成29年12月7日付で昇格することを発表しました。

 同社は、「あずきバー」や「肉まん・あんまん」といった商品で知られ、先日より第1部市場への昇格を申請しておりました。

 また三重県と愛知県にある製造設備の増強等に充てるため、公募増資や第三者割当増資で約22億円を調達することも発表しました。

 井村屋は、明治29年に三重県松阪市で菓⼦舗「井村屋」として開業、昭和22年に株式会社井村屋設立。昭和28年に社名を井村屋製菓株式会社に変更、昭和36年には名古屋証券取引所第2部に上場しました。

 平成9年には東京証券取引所第2部にも上場、平成22年10月に会社分割による持株会社制へ移行し、現行の井村屋グループ株式会社に社名変更となっております。




 このニュースが伝えられた、翌日(平成29年11月16日)の井村屋グループ(株式コード:2209)の株価は、前営業日比500円高(23.84%上昇・ストップ高)の2597円となりました。

 また11月17日の株価は11月16日の株価に比べて503円高(19.37%上昇)の3100円となり年初来高値を更新、また蓮日のストップ高となりました。


posted by jiji-news-yara news-japan.net at 23:53Comment(0)株式投資