鹿児島銀行のスマホATM(カードレス)引き出しサービスについて

 当ブログではこれまでに、セブン銀行のATMでキャッシュカードを使わず、スマートフォンのアプリケーションを使って、入出金が可能となるサービスについて取り上げておりますが、セブン銀行以外にも同様のサービスを行っている金融機関があります。

 鹿児島市に本店のある地方銀行の鹿児島銀行が行う「スマホATM(カードス)引き出しサービス」がそれです。

 スマートフォンを使っての出金サービスのみではあるのですが、平成28年3月1日に同行の向陽支店に設置されたATMでサービスを開始しました。

 平成29年10月6日からは、対応ATMを鹿児島県・沖縄県の39店に拡大しております。

 70歳未満の方で「かぎんeバンクサービス」の契約をされている方が利用できます。

 使い方としては、スマートフォンの鹿児島銀行アプリを起動します。

 メニューから「スマホATM引出」をタップし、「引出口座」、「引出金額」、「引出予定日」を入力、「かぎんeバンクサービス」のパスワードを入力してQRコードを生成します。

 QRコードが生成された後、「QRコードの保存」をタップして、アプリケーションでの操作は終了です。

 次にATMでの操作は、画面の「スマホATM引出」を押し、アプリケーションで生成した「QRコード」を読み取り装置に翳し、問題がなければ、暗証番号を入力して現金の引き出しが可能となります。




 他の都市銀行のATMにおいても「スマホでの入出金」については導入に向けて各行から発言があり、近い将来、あっという間に「スマホでの入出金」ができるATMの普及が進む可能性があると思われます。