ローソン、平成29年8月から「楽天ペイ」での決済が可能に

 楽天とローソンは、平成29年8月から国内にあるローソンの店舗で、楽天が提供する決済サービス「楽天ペイ」導入に向け、基本合意書を締結しました。

 楽天ペイとは、専用のスマートフォンのアプリケーションを使って、楽天会員IDと紐づけされたクレジットカードを簡単に実店舗で利用できるサービスのことです。

 楽天ペイには現在、端末上にQRコードを表示させる「QRペイ方式」と利用者が金額入力をする「セルフペイ方式」の2つの方式があります。

 この中で、今回発表となった方式では、「バーコードペイ」という楽天ペイのアプリケーションで決済用のバーコードを表示して、支払うことができる方式を新たに追加されることとなりました。

 つまりローソンのレジで、バーコードをスキャンすることにより決済が可能になるということになります。

 このアプリケーションを使って決済しますと、「楽天スーパーポイント」が税込200円につき1ポイント付与されます。

 また楽天ペイに登録された(楽天会員IDと紐づけされた)クレジットカードと楽天スーパーポイントを併用して決済することも可能となります。

 楽天ペイが、全都道府県に出店する大規模小売チェーンで導入されるのは初めてのことです。




 この手の決済方法は、当ブログの記事では海外勢のものを紹介することが多かったのですが、ここにきてようやく国内勢が大規模に展開してきたといったところです。