オレンジフードコート、ドムドムハンバーガー事業をレンブラントホールディングスに事業譲渡へ

 ダイエーの傘下のオレンジフードコートは、同社のハンバーガーチェーンであるドムドムハンバーガ―事業をレンブラントホールディングス(本社・神奈川県厚木市)に平成29年7月に事業譲渡することを明らかにしました。

 現時点でレンブラントホールディングスへの譲渡額は明らかになっておりません。

 レンブラントホールディングスは、ホテル事業やゴルフ事業、再生事業を行う企業ですが、このたびドムドムハンバーガ―事業を同社傘下のレンブラント・インベストメントが出資する、ドムドムハンバーガ―の運営会社「ドムドムフードサービス」に事業譲渡するものです。

 ドムドムハンバーガーは、最盛期の平成9年には全国で355店舗を展開しておりましたが、オレンジフードコートの親会社であるダイエーの店舗減少により、現在のところ55店舗にまで減少しております。

 譲渡される店舗はドムドムハンバーガーが22店舗、ディーンズバーガーの2店舗、ディッパーダン(クレープ店)2店舗等、合わせて28店舗となります。




 ドムドムハンバーガーのブランド名は変更はしませんが、ロゴや運営戦略は変更されるようで、平成29年度中に新規出店も予定されております。

 私がドムドムハンバーガ―を最後に食べたのは約20年ほど前になります。ドムドムハンバーガーには根強いファンが多いので、今後どうなるのか注目して見ていきたいと思います。

最終更新 平成29年5月19日