新放送サービス「i-dio」が平成28年7月1日よりグランドオープン インターネット受信モードも開始

 新放送サービスの「i-dio」が、平成28年7月1日午前5時よりグランドオープンとなります。この放送サービスは無料となっております。

 現在、プレ放送が行われており、聴取可能とされるエリアは、東京都の大部分(神奈川県・千葉県・埼玉県・茨城県の一部)、大阪府の大部分(京都府・兵庫県・奈良県の一部)、福岡県の福岡市・北九州市・久留米市周辺(佐賀県の一部)となっておりますが、7月1日からはこれらの地域に加えて、愛知県、岐阜県、三重県のいずれも一部が聴取可能となります。

 ちなみに名古屋局の呼出符号(コールサイン)は、JOLZ-MM4(送信所・三重県桑名市)です。

 また7月1日からは、インターネット受信モードも開始され、i-dio受信アプリをダウンロードすれば、専用チューナー不要で、次の都府県であれば、聴取できるようになります。

 東京マルチメディア放送のエリア
 東京・神奈川・埼玉・千葉・群馬・栃木・茨城・山梨・長野・新潟

 中日本マルチメディア放送のエリア
 愛知・岐阜・三重・静岡・富山・石川・福井

 大阪マルチメディア放送のエリア
 大阪・京都・兵庫・奈良・滋賀・和歌山

 九州・沖縄マルチメディア放送のエリア
 福岡・佐賀・長崎・熊本・大分・宮崎・鹿児島・沖縄

 ただし、インターネット受信モードは、i-dioが全国に拡大するまでの暫定措置とのことです。



 ちなみに受信できますのは、該当エリアで放送しているチャンネルとなります(一部を除く)。ただインターネット受信モードは、データ通信量がかなりの量となることで、Wi-Fi環境下での利用が推奨されております。

 当初の予定では、IPサイマルでの補完放送が5月ごろから開始される予定となっておりましたが、やっと開始ということになります。面白い番組が放送され、i-dioのサービスが、長く続いてくれることを期待します。

[関連記事]