余った外貨を電子マネーに交換できる端末「ポケットチェンジ」が、平成28年7月から羽田空港で稼働予定

 海外旅行等で余った小額の外貨を電子マネーやギフトコードに即時交換できる端末が、平成28年7月から羽田空港で稼働する予定であると、端末を開発した株式会社ポケットチェンジから発表されました。

 端末の名は社名と同じ「ポケットチェンジ」で、受け入れに対応している通貨は日本円、米国ドル、ユーロです。

 使い方としては、余った外貨を「ポケットチェンジ」に投入、交換したい電子マネーや各種ギフトコードを選択、交換するという手順です。

 現在のところ、交換に対応する電子マネーは、Suica等の交通系電子マネー、楽天Edy。ギフトコードはAmazonギフト、iTunesコード、LINEギフト等に対応しているといいます。(交換手数料に関しては、まだ伝えられておりません。)

 6月中には東京都世田谷区の楽天本社で先行して稼働、7月には羽田空港で稼働することが予定されており、同社としては、ゆくゆくは国内の主要空港や海外の空港への設置も積極的に行いたいとしています。



 海外旅行後に余った外貨を日本円に両替する方は全体の15%程度といわれており、この両替されていない「財産」の堀りおこしが、ポケットチェンジが作られた理由の一つでもあります。今後、どのように同社のサービスが拡大されていくか楽しみなところです。