JR東日本管内の新幹線トンネル内で、携帯電話が使えるエリアを拡大へ

 JR東日本管内の新幹線トンネル内で、携帯電話が使えるエリアを拡大することが、JR東日本と携帯電話キャリア大手3社から発表がありました。

 現在、JR東日本管内の新幹線で携帯電話が使えるエリアは、東北新幹線の東京・いわて沼宮内間、上越新幹線の大宮・高崎間長岡・新潟間となっております。

 今回の発表では、上記の既存のエリアに加えて次のエリアが、携帯電話が使えるエリアとなります。

 北陸新幹線
 高崎・安中榛名間 平成28年6月28日サービス開始
 東北新幹線
 いわて沼宮内・二戸(駅手前まで)間 平成28年8月サービス開始
 上越新幹線
 高崎・上毛高原(駅手前まで)間 平成28年度中サービス開始

 直近では、北陸新幹線の高崎・安中榛名間の高浜・第一諏訪・第二諏訪・神戸・里見の5つのトンネル内が使えるエリアとなります。



 北陸新幹線の安中榛名以北や上越新幹線の上毛高原・長岡間、東北新幹線の二戸以北に関しては、トンネルが長いこともあるようでエリアの拡大については未定です。

 私は地元の長野から東京方面に乗車している際は、乗車前にスマートフォンにダウンロードした、オフライン利用可能なコンテンツを利用しているか、新聞等を読んでいるため、特に携帯電話サービスがなくても不便ということはないのですが、今後トンネルの多い地域でも携帯電話が使えるエリアは拡大されていくことでしょう。