地方自治法施行60周年記念貨幣(500円額面、福島県・東京都の図柄)の発行枚数が決定

 財務省は、平成28年7月頃に発行する予定の地方自治法施行60周年記念貨幣(平成28年度分は福島県東京都)について、その発行枚数を決定しました。

 額面はいずれも500円で、裏面の図柄は古銭を模した「地方自治」と表記されたもので、各都道府県共通のものとなります。

 福島県 表面の図柄 相馬野馬追 発行枚数 162万枚

 東京都 表面の図柄 東京駅丸の内駅舎と行幸通り 発行枚数 172万枚

 地方自治法施行60周年記念貨幣は、平成20年の北海道、京都府、島根県の図柄から発行が開始されており、今回の福島県と東京都の図柄の発行により、47都道府県全てが発行されることになります。

 具体的な引換方法については、平成28年6月頃に財務省から発表される予定となっておりますが、すでに発行された記念貨幣の引換開始日の金融機関の窓口においては、1人当たり、各道府県2枚の引換となっておりましたので、今回も同様の措置(最高で2都県・計4枚以内)が取られるのではないかと思います。

 この地方自治法施行60周年記念貨幣は、異なる種類の金属板をサンドイッチ式に重ね合わせる「クラッド」技術を用いた円形の板に、それとは異なる金属でできた輪の中にはめ合わせる「バイカラー」技術で組み合わせる、バイカラー・クラッド貨幣という貨幣です。

 この記念貨幣は、額面どおり1枚500円で引換できます。以前取り上げた、新幹線鉄道開業50周年の記念貨幣と同様、比較的引換しやすい記念貨幣となっております。



 また平成28年度分の地方自治法施行60周年記念貨幣(福島県・東京都)の1000円銀貨幣については、プレミアム型のカラー貨幣となっており、一般的な金融機関では引換できず、全て造幣局のみでの販売となっております。

 販売数量は合計10万セット、販売価格は3種類あるセットにより異なりますが、6171円から8021円の間となっております。購入方法等の詳細は造幣局のホームページからご確認ください。