JT、飲料事業と飲料自動販売機オペレーター事業をサントリー食品インターナショナルに売却


 
 日本たばこ産業(JT)は、飲料事業と飲料自動販売機オペレーター事業(子会社が事業を行っている)をサントリー食品インターナショナルに1500億円で売却することとなりました。

 JTの飲料事業には、コーヒー飲料の「Roots」、清涼飲料水の「桃の天然水」等のブランドがあり、今年2月の同社の飲料事業撤退のプレスリリースの段階では、これらのブランドがどうなるかわからない状態でしたが、売却後にはサントリーより発売することとなりました。

 また飲料自動販売機オペレーター事業は、JTの飲料自動販売機が全国で26万4000台あり、一挙にサントリーは、自動販売機数を増加させます。

 サントリーは平成26年に飲料事業でトップに立ちました。現在もM&Aを盛んに行っており、さらなる売上高の増加を計画しております。



 20年ほど前に設置されていたLIFIX(ライフィックス)の自動販売機を覚えていらっしゃるでしょうか。LIFIXのロゴが自動販売機の側面に描かれており、健康ドリンク「ローヤルスター」シリーズを販売しておりました。商品の価格も100円から800円までと多彩で、私はローヤルスターライトを愛飲しておりました。

 LIFIXの自動販売機はいつしか見かけなくなり、現在はLIFIXの商標は別の会社のものとなり、「ローヤルスター」シリーズは、JTのホームページによると、2種類のみが発売されているようですが、私自身、「ローヤルスター」シリーズをここ何年も見かけておりません。

 武田食品工業からハウスウェルネスフーズへと社名が変わった後に、小売店や自動販売機ではなかなか見なくなってしまった、オレンジ果汁入りの清涼飲料水「プラッシー」をなぜか思い出してしまいます。(現在も販売はされております。)
 
 個人的には、「ローヤルスター」シリーズと「プラッシー」の復権を待っているのですが。