夏の季語 甘酒のお話

 
 
 
 甘酒は、日本に古来からある飲み物で、夏の季語となっております。「醴」(訓読みであまざけ・漢字検定1級レベルの漢字だそうです)と表記したり、「甘粥」ともいわれるそうです。

 米と米こうじ、あるいは酒粕から作られており、基本的にはアルコール分が1%未満であることから、ソフトドリンクの範疇です。

 現代では、甘酒は冬に飲むことが多いように感じますが、江戸時代には、夏場の健康ドリンクとして売られてきており、現代では、栄養豊富なことから「飲む点滴」といわれることもあります。

 今回、甘酒に関して調べていたところ、江戸時代には甘酒の価格が4文を上限に販売されており、誰でも安く購入することができ、夏バテの防止にも役立っていたので、大変人気のある飲み物であったということです。



 現在では、小売店の漬物売場に、ビニール袋やペットボトルといった容器に入っているものを何倍かに薄めて飲むタイプの甘酒や、ストレートタイプの缶入りの甘酒が自動販売機で売られていたりします。

 私も甘酒は好きなので、ストレートタイプの缶入り甘酒は良く買っております。ある意味、古来からのエナジードリンクである甘酒をさらに暑くなるこれからの時期、夏バテ防止に役立てていきたいところです。