アフリカの優等生 ボツワナについて

 
 ボツワナという国をご存じでしょうか。正式名称をボツワナ共和国といい、人口は215万人余(2014年の統計)の国で、南アフリカ共和国の北に位置しており、西をナミビア、東をザンビアに囲まれた内陸国です。

 ボツワナとは、この国の主要な民族であるツワナ人の土地という意味です。南隣である南アフリカ共和国にもツワナ人が多く住んでおり、ボツワナ本国の数倍のツワナ人が、南アフリカ共和国内に居住しているという、ある種の「逆転現象」となっております。

 ボツワナは、1966年に英国から独立しましたが、現在も英連邦にとどまっております。治安も他のアフリカ諸国に比べて安定しております。

 ボツワナは英国から独立した当時は、世界の最貧国のひとつでありましたが、1967年に世界最大規模のダイヤモンド鉱山であるオラパ鉱山が発見されたことにより、そこでの収益から、社会資本整備、福祉、教育の充実を図ったため、現在へとつながる経済発展の基礎を作りました

 ボツワナの初代大統領は、セレツェ=カーマ(大統領在位 1966-1980)といい、英国保護領時代のベチュアナランドのングワト族の王位継承者で、英国への留学もある人物です。
 
 現在のボツワナの与党である、ボツワナ民主党の前身であるベチュアナランド民主党を1962年に結成し、独立運動を拡大させ、1965年に英国保護領化で首相に就任し、翌年独立を果たして初代の大統領となりました。

 セレツェ=カーマは、周辺諸国や国内の人種間の融和政策をとり、汚職を許さない態度で臨み、政策がうまくいったこともあり、独立から1980年まで、世界最速といわれた経済成長を成し遂げることができました。

 1人当たりのGDPは世界60位前後の中所得国とされ、ボツワナの通貨プラは2014年以降、あの隣国ジンバブエの法定通貨として日本円や米国ドル、南アフリカランド等とともに指定されました。



 セレツェ=カーマ・ボツワナ初代大統領のような有能の政治家がいると、アフリカ諸国でなぜ、この国が飛び抜けて発展をしたのかがわかりますね。

ギリシャヨーグルト風 「水切りヨーグルト」を作ってみました

 
 7月8日の記事で、「ギリシャヨーグルト」を取り上げました。その記事の最後でもふれましたが、市販のギリシャヨーグルトが高価格で量も少ないということなので、ギリシャヨーグルト風の「水切りヨーグルト」を自分で作ってみました。


 〈 用意するもの 〉
 コーヒードリッパー コーヒー用ペーパーフィルター コップやマグカップ ラップ
 プレーンヨーグルト ヨーグルトソースや果物等


 コーヒードリッパー、コーヒー用ペーパーフィルターは100円ショップで調達、プレーンヨーグルトも400gで100円前後の商品を使っています。
 
 〈 手順 〉
 1 コップやマグカップの上にコーヒードリッパーを置き、コーヒー用ペーパーフィルターをセットします。

 2 プレーンヨーグルトをペーパーフィルターがセットされたコーヒードリッパーの上に適量流し入れ、ラップをして冷蔵庫の中に入れます。

 3 プレーンヨーグルトの水分(乳清)がコップやマグカップに落ち切ったら出来上がりです。ヨーグルトソースや果物等を載せてお召し上がりください。


 手順2の冷蔵庫で冷やしている時間を2時間と7時間で比較したところ、7時間の方がヨーグルトが、ほどよく固く出来ました

 この水切りヨーグルトを作った結果、水分である乳清が4割弱、固形分である水切りヨーグルトが6割強となりました。

 出来上がった水切りヨーグルトは大した手間もかからず、味の濃いおいしいヨーグルトを作ることができました。是非一度試してみてはいかがでしょうか。
 

続きを読む