資源国通貨とは何か

 
 資源国通貨とは、コモディティ通貨とも呼ばれています。金やプラチナといった鉱物資源小麦や大豆といった農産物を生産し、それらを主な産業として輸出している国の通貨のことをいいます。

 資源国通貨の相場は、物価上昇局面でも買われますが、鉱物・農産物等の輸入国の景気に大きく左右されることが知られております。

 主な資源国通貨は次の通りです。

 カナダ・ドル:農産物・石油・天然ガス・石炭・金・ウラン

 オーストラリア・ドル:農産物・鉄鉱石・石炭・石油・金・ボーキサイト・ウラン

 ニュージーランド・ドル:農産物・畜産物

 南アフリカ・ランド:金・プラチナ・ダイヤモンド

 ノルウェー・クローナ:石油・天然ガス


 上記の通貨は、国内の銀行でも外貨預金が利用できるようになりましたので、おなじみな通貨である人も多いかと思います。

 また、その中でも石油産出国の通貨は、産油国通貨ペトロカレンシー)と呼ばれ、上記のカナダ・ドルやオーストラリア・ドル、ノルウェー・クローナに加え、サウジアラビア・リヤルやUAE(アラブ首長国連邦)・ディルハム等が挙げられます。



 実際、外貨預金で為替レートを見ていた時、米国ドル、ユーロが日本円に対して、同じような動きでレートが動いたにもかかわらず、資源国通貨が米国ドル、ユーロとは明らかに違う動きをしていたケースは良く見受けられます。