東西ドイツ統一後における、暫定首都ボンの位置づけ

 第2次世界大戦後、ドイツは長らく東西に分かれておりました。1990年10月3日、東ドイツ(ドイツ民主共和国)が西ドイツ(ドイツ連邦共和国)に編入される形で統一されました。

 私の中学時代はまだ、ドイツが東西に分かれていましたので、西ドイツの首都は「ボン」であると学校で教わりましたが、地図帳や地理関係の書籍によると、首都は「ベルリン」でボンは「暫定首都」であることが記されていました。

 歴史的経緯からすると、ドイツの首都はベルリンであるのは当然なのですが、当時は末期とはいえ、東西対立関係、いわゆる冷戦時代でしたので、西ドイツに属していないのに首都が「ベルリン」なのは滑稽に思えました。

 さていざドイツの統一となると、強大な資本主義国家である西ドイツが、社会主義国で、経済が後進的な東ドイツを編入するということが行われるため、西ドイツサイドからすると、首都をわざわざ経済が後進的な地域である、東ドイツサイドのベルリンに移すメリットがあるのかという声がありました。

 実際、統一後も経済格差があるので、これがドイツ全体の経済成長を妨げたのではないかという意見もありました。しかしながら、2001年5月2日にベルリンへの首都機能移転が完了します。



 1994年の「ベルリン・ボン法」によって、ボンは連邦市であると規定されました。これはボンが今まで暫定首都として機能したことによる配慮であり、ドイツ連邦共和国の首都ベルリンと並び、国家の中枢である、いくつかの省庁が置かれることになりました。
 よって現在ボンは、ドイツの副都というべき地位にあります。

 先述した暫定首都ですが、イスラエル建国当時、暫定首都(首都機能)をテルアビブ、首都をエルサレムとしていた時期がありました。建国後イスラエルが西エルサレムを占領した後、イスラエルは首都機能をエルサレムに移転しましたが、現在も我が国はじめ各国は占領の経緯から、大使館をテルアビブに置いたままで、エルサレムをイスラエルの首都とは認めてはおりません。
 
 その他では、中華民国(台湾)の首都である南京と台北の関係も、現在台湾では台北が首都として明文化されていないため、ドイツ統一前のベルリンとボンの関係性と似たようなものといえるでしょう。

東京に店舗のないセイコーマート、東京に物流拠点を設置し外販強化

 北海道を地盤に、関東地方では茨城県と埼玉県に出店しているセイコーマートが、今月、東京都の西多摩地区に関東物流センターを設置しました。

 セイコーマートグループの開発商品の外販の売上げは、グループ全体の売上高の5%で、関東物流センターの設置で、さらなる外販の強化をしていくようです。

 関東物流センターは、圏央道のインターチェンジ近くに設置し、平成26年に茨城県土浦市に開設した物流センターと合わせて、関東での物流体制が整うこととなります。

 以前、テレビ東京系の「ガイアの夜明け」で、コンビニエエンスストアの「スリーエフ」にセイコーマートグループの商品を供給する旨の放送がありましたが、今回の物流センター設置は、イオン等のスーパーにグループの商品を積極的に供給していくことを意味しております。

 セイコーマートの北海道内の物流は、同業他社が太刀打ちできないほどのもので、大手コンビニエンスストアが物流コスト等により、出店できない小さな町でも出店しています。(北海道にお住まいの方からすれば当たり前のことでしょう。)



 私は長野県住まいであるため、東京方面へ行くときに埼玉県内のセイコーマート(ホットシェフ店)を利用します。埼玉県でありながら店舗の商品構成は、どちらかというと北海道内向けとなっており、北海道産の商品が好きな私にはうれしく感じられました。

 また弁当・惣菜コーナーでは、通常の弁当だけでは少し物足りないかなと思ったところに、100円惣菜を組み合わせることができるというのは、至れり尽くせりといった感じでした。

 商品価格も全国にくまなく出店しているコンビニエンスストアチェーン店に比べ安く感じられ、同業で北関東に出店しているセーブオンの価格設定に似ている感じがしました。

 セイコーマートグループには、店舗のない地域(北海道・埼玉県・茨城県以外の地域)向けに同グループのPB商品を通信販売をしてもらえたら大変うれしいのですが。

主な金融機関・設置業者による国内のATM設置台数

 主な金融機関・設置業者による国内のATM設置台数をまとめてみました。

 国内のATM設置台数は以下の通りです。

 ゆうちょ銀行ATM 26,691台
 (26年9月末現在)
 主な設置場所:郵便局・ファミリーマート・デイリーヤマザキ等

 セブン銀行ATM 21,056台
 (27年3月末現在)
 主な設置場所:セブン&アイグループ各社・野村證券・大和証券等
 
 イーネット (E-net) 13,275台
 (27年6月末現在)
 主な設置場所:ファミリーマート・セイコーマート・ライフストア等
 
 JAバンクATM 12,109台
 (25年3月末現在)
 主な設置場所:農業協同組合

 ローソン・エイティエム・ネットワークス(LANS) 10,903台
(27年7月22日現在)
 主な設置場所:ローソン

 イオン銀行ATM 約5000台 (26年現在)
 主な設置場所:イオングループ各社




 出典は、各社・機関のホームページです。

 その他、大規模展開しているところは、東京スター銀行やユニーグループのゼロネットワークスがあります。セブン銀行は本来の銀行業務より、提携金融機関とのATM提携による手数料収入が収益の柱となっておりますので、7月21日の「新規参入銀行の預金残高」の記事中のセブン銀行の預金高が、他の新規参入銀行に比べて少ないのは、こういった理由です。

[関連記事]