1998年冬季オリンピック、国内開催候補都市について

 現在、ニュースでは2020年東京オリンピック・パラリンピックが話題です。

 1998年(平成10年)2月に長野冬季オリンピックが開催され、日本人選手の活躍もあり、大会は大いに盛り上がりました。
 このオリンピックの国内開催候補都市選定の過程で、開催された長野市以外にも、盛岡市、旭川市、山形市が立候補しました。

 この大会は、1972年(昭和47年)に行われた札幌冬季オリンピックに続く、国内では2度目の冬季オリンピックの開催で、 4都市の間で招致合戦が行われました。

 長野冬季オリンピック
 会場:長野市、山ノ内町、白馬村、野沢温泉村、軽井沢町

 盛岡冬季オリンピック構想
 会場:盛岡市、雫石町、旧滝沢村、松尾村等

 旭川冬季オリンピック構想
 会場:旭川市、鷹栖町、富良野市

 山形冬季オリンピック構想
 会場:山形市、上山市、天童市、山辺町、中山町


 1988年(昭和63)6月1日にJOCの委員会における投票が行われました。得票数は以下の通りです。

  長野市  34票
 盛岡市   7票
 旭川市   4票
 山形市   0票


 これにより、長野市が国内開催候補都市に選ばれました。また、1991年6月15日に英国のバーミンガムで開かれた、国際オリンピック委員会総会で、1998年の長野冬季オリンピック大会の開催が決定されました。



 このオリンピックの開催により、北陸新幹線や高速道路、都市間道路といった交通インフラのー括整備、開閉会式場を老朽化した市内の野球場の置き換え(長野オリンピックスタジアム)、老朽化した体育館の置き換え(ホワイトリング)、国際コンベンション会議の開催、一校一国運動に見られる、世界的な文化交流の促進等、総合的に見て、メリットが多かったように思います。

 国際コンベンション会議の開催、一校一国運動の国際文化交流に関しては、開催前の長野市からすると、とても考えられないことです。何しろ、私の小学生時分には、外国人の方を2年に1度見かければ良い方でしたから。(現在はほぼ毎日見かけます。)

 昨今の開催自治体の財政問題や一部会場の利用率低下に関して、開催のデメリットを殊更大きく取り上げるマスコミは、オリンピック開催前の長野市周辺がどのような交通インフラであったか、文化交流の度合い、経済状況であったのかを知らないでものを語っているのかと思うことばかりです。

 近いうちに長野でオリンピックが開催されなければ、どういったかたちで、交通インフラが整備となっていたのかを記事にしたいと思います。

2022年の冬季オリンピックの開催都市は、アルマトイか北京か?

 2022年の冬季オリンピックの開催都市が、今月末、マレーシアのクアラルンプールで行われる国際オリンピック委員会(IOC)総会で決定されます。

 2014年に行われた立候補都市の第一次選考では、アルマトイ(カザフスタン)、北京(中華人民共和国)、オスロ(ノルウェー)が通過しました。

 上記3都市以外には、ストックホルム(スウェーデン)、クラクフ(ポーランド)、リヴィウ(ウクライナ)等の都市が、立候補あるいは立候補の予定がありましたが、選考には至りませんでした。

 その後、10月になり、第一次選考を通過したオスロは、開催に多額の資金が必要になることから、財政上の理由で、招致合戦から撤退することとなり、アルマトイと北京のアジアの2都市で開催都市を決定することとなりました

 アルマトイは、カザフスタン南東部にある同国最大の都市で、1998年まで首都でした。2011年には冬季アジア大会を現在の同国の首都アスタナと共催し、2017年には冬季ユニバーシアードを開催する予定となっており、中央アジア初のオリンピック開催を目指しております

 一方北京は、言わずとしれた2008年の夏季オリンピックの開催都市で、史上初の夏冬両オリンピック大会の開催を目指しております



 私としては、こういった国際大会には、現在発展途上国で経済的に力をつけてきて、更には先進国の地位を窺っている国で行われること、その国が大会を成功させることにより、国際的信用や国民の自信をつけた方が良いと思いますので、カザフスタンの「アルマトイ」での開催を支持します

 いずれにせよ、今月末に行われるクアラルンプールでのIOC委員の投票により開催地が決定します。

北陸・中京新幹線とは何か

 北陸・中京新幹線とは、敦賀市から名古屋市に至る全長約50kmの基本計画路線のことです。

 北陸新幹線が敦賀まで開業した後に、敦賀から先の北陸新幹線の終点である大阪市までのルートとして想定されている、3つのルートのうちの1つともいえるものです。

 この3つのルートとは、小浜市付近を経由する「若狭ルート」、湖西線をフリーゲージトレインで通過する「湖西ルート」、米原駅で東海道新幹線に接続する「米原ルート」であります。

 ただ北陸・中京新幹線単体の計画では、敦賀から北陸本線に並行して米原まで新線を建設する案と、敦賀から関ケ原付近へ新線を建設する案の2つがあります。

 つまり、敦賀から米原まで新線を建設するルートは、米原を経由して大阪に至る北陸新幹線、米原を経由して名古屋に至る北陸・中京新幹線の2つの新幹線の共用区間ということになります。

 しかしながら、現在の東海道新幹線の運行状況からすると、北陸新幹線や北陸・中京新幹線が東海道新幹線に乗り入れることは不可能です。これが可能になるのは中央新幹線が大阪市まで開業して、東海道新幹線がある程度ダイヤに余裕ができるようになってからでしょう。



 京都府亀岡市は、先述の小浜市を経由する「若狭ルート」上にあり、40年前に整備計画ができた時より、新幹線駅の誘致活動を行っておりました。しかし関西広域連合の大勢は、「米原ルート」での整備を国に進言しているのが現状です。

 「湖西ルート」もフリーゲージトレインが実用化されない(このままではフリーゲージトレイン使用の九州新幹線西九州ルートも遅れる可能性がある)ことには、北陸新幹線の「完成」ではないため、この3つのルートとも一長一短があるといえます。