沢井製薬、アップシャー・スミス・ラボラトリーズを約1155億円で買収し完全子会社化へ 

 後発薬第2位の沢井製薬(本社・大阪市淀川区)は、米国ミネソタ州にあるベアップシャー・スミス・ラボラトリーズ(以下、USL)を約1155億円(10億5000万米国ドル・1ドル110円換算)で買収し、完全子会社化することを発表しました。

 USLの買収は、沢井製薬の子会社を通じて行われ、2017年6月末までにUSLの全株式を取得する予定とのことです。

 USLは1919年創業の米国の後発薬業界では中位で、2016年12月期決算の売上高では約3億9000万ドル(約429億円)となっておりました。抗精神病薬等に強く、約30品目の後発薬を販売しております。

 また沢井製薬は、前身となる「澤井薬局」が昭和4年(1929年)に創業、昭和23年(1948年)に「澤井製薬」が設立され、昭和54年(1979年)より現社名、平成28年(2016年)3月期の売上高は約1230億円となっております。

 国内にある後発薬メーカーでは、業界首位の日医工がすでに米国に進出しており、第3位の東和薬品も2018年度中をめどに米国へ進出する計画があります。

 沢井製薬は2013年に現地法人を設立、米国で同社としては初めてとなる後発薬を2017年中に発売する予定でした。

 しかしながら、特許侵害訴訟に事実上敗訴したことから、USLの買収により米国への進出での巻き返しを図る考えです。

 また沢井製薬はUSLの買収により、USLの生産設備や販売網により米国進出を成功させ、ゆくゆくは世界の後発薬メーカーのトップ10入りをめざしたいとしています。




 このニュースが伝えられた、沢井製薬(株式コード:4555)の平成29年4月21日の株価は、前営業日比120円高(2.06%上昇)の5940円となりました。

大垣共立銀行、名古屋市中区の「テラッセ納屋橋」に平成29年9月に支店開設へ

 地方銀行の大垣共立銀行(本店・岐阜県大垣市)は、名古屋市中区栄の納屋橋東地区の再開発によってできる「テラッセ納屋橋」に平成29年9月に支店を開設すると発表しました。

 テラッセ納屋橋は、名古屋市中心部を流れる堀川の東岸にできる複合施設で、小売業のユニー等が出店しますが、このテラッセ納屋橋のオフィス棟に同行が「テラッセ納屋橋支店」を開設します。

 この店舗では通常の銀行取引に加えて、全自動式の貸金庫も設置されます。また手のひらの静脈認証によるサービスも充実、貸金庫室への入室や解錠については手のひら静脈認証によって行われるといいます。

 同支店の開設により、大垣共立銀行の名古屋市内の店舗(店番のあるもの)としては13店舗目、中区に限りますと名古屋支店に次いで2店舗目となります。

 岐阜県内には競合する十六銀行があることから、大垣共立銀行は早くから岐阜県外への出店や既存の金融機関にないサービスを提供してきました。(テレビや雑誌等で、同行の番組や記事を見かけた方も多いかもしれません。)

 そのようなこともあって、私のように長野県に在住している者からすると、大垣共立銀行に比べて十六銀行の方が経営規模の大きな銀行であるのにかかわらず、大垣共立銀行の話題の方を耳にすることが多く、十六銀行はよく言えば「堅実」なのでしょうが、個人的には「地味」に見えるといった感想です。




 今後も大垣共立銀行には、驚くようなサービスを提供していっていただきたいと思います。また新店舗の開設等の情報がありましたら、お伝えしていきます。

東武鉄道、東武浅草・会津田島間で「リバティ会津」の運行を開始

 東武鉄道は平成29年4月21日より、東武浅草・会津田島(会津鉄道)間で、東武鉄道としては26年ぶりとなる新型特急車両「リバティ」を使った「リバティ会津」の運行を開始しました。

 時刻表は次の通りです。(平成29年4月21日改正)

 下り
 リバティ会津101 東武浅草 06:30発→会津田島 09:45着
 リバティ会津111 東武浅草 09:00発→会津田島 12:24着
 リバティ会津117 東武浅草 11:00発→会津田島 14:20着
 リバティ会津129 東武浅草 14:30発→会津田島 17:39着

 上り
 リバティ会津128 会津田島 10:43発→東武浅草 14:15着
 リバティ会津132 会津田島 12:50発→東武浅草 16:16着
 リバティ会津140 会津田島 14:57発→東武浅草 18:15着
 リバティ会津148 会津田島 17:48発→東武浅草 21:15着

 下りは、下今市から先では「リバティけごん」(3両)を分割して運転、上りは、下今市から東武浅草まで「リバティけごん」と併結して6両で運転します。

 東武浅草・会津田島間を通しでリバティ会津に乗車しますと、5350円(運賃3240円・特急料金2110円)かかります

 途中の停車駅、発着の時刻、駅間の運賃・特急料金に関しては、東武鉄道、野岩鉄道、会津鉄道のホームページ等をご覧下さい。

 今回の新型特急車両にはインターネット環境を整備されており、無料のWi-Fiや電源用のコンセントが装備されております。




 しかし東武鉄道はここに来て、話題に事欠きませんね。