館山信用金庫、「市原支店」を令和元年秋頃に本格オープン

 千葉県館山市に本店を置く、館山信用金庫は13店舗目となる「市原支店」を平成31年4月3日に若宮支店内に開設しました。

 市原支店の店番号は016で、令和元年秋頃に市原市五井中央東1丁目に移転して、本格オープンする予定です。

 この新店舗は、JR内房線・五井駅の南東へ徒歩7分のところとなります。

 さて館山信用金庫は、昭和3年10月に有限責任北条館山信用組合として設立されました。

 昭和8年4月に保証責任館山信用組合に組織変更、昭和15年2月に保証責任館山市信用組合に名称変更、昭和26年2月に館山信用組合に再度名称を変更しました。

 昭和26年12月には信用金庫法に基づき、館山信用金庫となり、平成29年度末の預金積金残高は1540億円となっております。




 今後も館山信用金庫に新店舗の開設等の情報がありましたら、お伝えいたします。

平成31年4月の人気記事のご紹介

 今回は、当ブログ「時事ニュースやら何やら news-japan.net」の平成31年4月の人気記事のベスト5をご紹介いたします。

 ちなみにこのブログのアクセス解析の訪問者数でカウントしております。

 第5位 「岩手銀行、岩手県紫波郡矢巾町に出張所を令和元年9月中旬に開設へ

 第4位 「『おさいふPonta』を使う際の注意点いろいろ

 第3位 「ピコカ導入から1週間、デリシアではどの決済方式を使うと還元率が高くなるのか

 第2位 「一般的な銀行口座として開設できない、振込専用支店について


 そして第1位はこちらです。 

 第1位 「国名の漢字表記について 『白』『伯』『愛』は各々どこの国を示しているかお分かりですか?




 先月も多くアクセスしていただき、どうも有難う御座いました。今後ともどうぞよろしくお願いいたします。
posted by jiji-news-yara news-japan.net at 00:00Comment(0)人気の記事

広島銀行、平成31年4月15日よりJCBデビットカード「HIROGIN Debit」の募集を開始

 平成31年4月15日より、広島市に本店を置く、広島銀行は同行に普通預金口座を保有する方を対象として、JCBデビットカード「HIROGIN Debit」の発行の募集を開始します。

 このJCBデビットカードは、中学生を除く満15歳以上であれば与信審査なく作ることができ、国内・海外のJCB加盟店で利用でき、利用ごとに口座から即時引き落とされます。(上限は預金残高内・利用限度額設定範囲内となります。)

 当カードは一般カードゴールド(学生を除く、満20歳以上)の2つの種類があります。

 一般カードの年会費は初年度無料となっており、2年目以降は1250円(税抜)(条件付で無料)、ゴールドカードの年会費は1万円(税抜)です。

 券面のデザインは、一般カードのデザインが「ひろくん」、「オリジナル」、「カープ」の3種類、ゴールドが1種類となっております。




 今後も国際ブランドの付いたデビットカードが発行する金融機関から発表がありましたら、お伝えいたします。